賃貸住宅を借りたら気をつけたいポイント。


基本的にわたしは潔癖症でもなければ、マメな性格でもないです。掃除は気が向いた時ぐらいしかしません。
そんな性格ですが、アパートの退居の時きれいに使ってますね~とびっくりされまして、まあ、それはお世辞ともいうのかもしれませんが、実際に敷金も戻ってきましたので、調子にのって何をしていたのかちょっと書いていってみようと思いました。

賃貸住宅の場合、いつかは返さなくてはいけない時がきます。

普段から掃除しとけば綺麗な状態で退居できるという単純な話でもあるんですが、仕事しながら普段からこまめに・・というのが結構できなかったりするんですよねえ。気持ちの浮き沈みもありますし。

しかしきれいに使ってると退居の際に、敷金が戻ってくる可能性もあるのでせっかくなら最初から汚さない工夫をしておくといいんじゃないか、コレ、と住居を転々とするうちに考えるようになりまして。

退居の際に労力使って掃除しなくてもいいようにポイントをおさえておくといいんじゃないかと、後でラクしたいがために思った次第です。

さて、どのへんに重点を置くのかというと、

1.キッチン

2.お風呂

3.洗面所

4.トイレ

5.玄関

と、主に水回りに最大の気を配ります。

上記以外の寝室とか居間とか、そこら辺はそこそこホコリとってたまに掃除機かけとけば、さほど問題ないというか。床はラグとか敷いて傷つかないようにしとくとかいろいろありますが、やっぱり一番汚れるのは水回りですよ。

スポンサーリンク

どこらへんが汚れやすく痛みやすいのかを知っておくって大事。

いつも家事をしている方なら十分に分かっていることだと思いますが、めったに家事をしないとどこが汚れてるのか、ピンとこなかったりします。わたしも初めて一人暮らししたときはそうでした。嫁になりたての時も何がそんなに悪いのかよくわからなくて姑に嫌みいわれまくりでしたし。

その頃は、別に掃除しなくたって生きていけるじゃん、と思っていましたが汚れ具合の基準は人それぞれ。そもそも人から借りた物はきれいに返すのは礼儀なわけで、自分を基準に考えてはいけないと改めるようになりました。

さて、細かく分類していくと、以下の点が汚れやすいポイントではないでしょうか。

1.キッチンの排水口


これは何もせず放っておくとヤバい。半端ない。

2.キッチンのガス台まわり


ガスコンロ使う場合は要注意。吹きこぼれとか、調理中にこぼしたやつとか。
そして油は湯気と一緒に舞い上がっていろんなところに付着。
IHクッキングヒーターの場合はガスコンロほど汚れないですけども。

3.キッチンの流しのまわり(足下)


洗い物するときとか結構水はねします。
調理してる時も、勢い余って野菜の切りカスとか落ちたり。

4.レンジフード

油汚れをあまり甘く見ない方がいい。

5.洗面所の蛇口まわり


蛇口回りが水垢やら、しまいにはカスみたいなのがついてきたり。
何なんでしょうね。あれは。

6.お風呂の排水口


髪の毛がね。もうね。もちろん浴槽とかも掃除しなくちゃいけないですけど。

7.トイレ


手洗い器のとこの水垢とか、フタの後ろの部分とかほこりが意外とたまる。
もちろん、普通に便器とかはたまにドメストして掃除しないと。

8.玄関のくつ脱ぐところ

雪国は靴に雪ついたまま脱ぎ捨てると、水浸しで。
そして春になるとほこりっぽくなって黒くなっていくのです・・。

わたしの生活だと、だいたいこんなところが汚れが目立つかなあと、思ってます。なので、部屋中やみくもに掃除するんじゃなくて、汚れやすいところはマットを敷いたり、カバーをつけるとかして重点的に防御しておくと後がラクなんですよね。

人によって気になる部分はまた違うのかな。どの辺が汚れやすいのかはそれぞれの生活スタイルにもよるとは思いますが、汚れ安い場所を知っておくだけでも身構え方といいますか、いろいろ対策もしやすいんじゃないかなあと思います。

ぐだぐだ書きましたけど、面倒くさいことなしでちょっとだけ心配りをして敷金が戻ってくるならラッキーってなりますしね。

トップへ戻る