現在サイトのリニューアル中につき、ちょいちょい表示に変更があります・・少々ご不便をおかけしますがご勘弁ください。

iPadでブログの下書きや軽快に検索するならDraftpad(ドラフトパッド)使うといいのですね。

draftpad_00
DraftPad(ドラフトパッド)っていうアプリは無料なのにすごいですね。 ブログの下書きメールの下書きに使うのもいいし、検索するときに使うのもいいし。

※DraftPadは現在AppStoreから消えてしまいましたので、新規ダウンロードはできません・・・いいアプリだっただけに残念。(2013/9/13)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Draftpadってどんなアプリなの?

簡単にいうとテキストを打ち込むだけのメモ帳的アプリです。
でも使う程にとても無料とは思えない立派なテキストエディタで、単なるメモ帳とは、ひと味違うんですよね。

なまら春友流 ≫ iPhone・iPadユーザーの全てにオススメできる無料のメモアプリ「DraftPad」が超絶便利な10の理由

iPad使ってブログ書けるといいのになあと常々思っておりました。 そこでアプリは何を使うのがいいのかといろいろ調べていたら、上記の記事がつきまして、アプリを入れてみるきっかけとなりました。

実際使ってみると、なんといっても立ち上がりが早いです。テキストの打ち込みも軽快でサクサク動きます。 それと、感動したのがいろんなアシスト機能がついてるところ。各種アシストを使いこなすことで、iPadの使い方がとってもスタイリッシュになってくれるじゃないですか。

 

アシスト機能の「Search with Google(Safari)」でブラウザでの検索がラクちんになる。

例えば、何か調べたいことがあって、ブラウザを立ち上げて検索するとします。

draftpad_01
通常はブラウザを立ち上げて、検索するわけですが、検索窓がちょっと小さくて使いにくさを感じた時、検索がなんだかもたつく時、そんな時はドラフトパッドなんですよ。

draftpad_02
まず、検索したくなったらドラフトパッドを立ち上げまして、

draftpad_03
検索したい言葉を打ち込みまして、左上のところをタップすると、

draftpad_04
アシスト機能が出てきます。その中にある「Search with Google(Safari)」をタップしますと、

draftpad_05
一気にSafariが立ち上がって、検索結果を出してくれます。しかもSafari立ち上げてから検索するよりも、なぜか起動が速いんですよ。なぜか。気のせいかな?

draftpad_06
それから、ドラフトパッドにテキストを打ち込む時なんですけども、文字のとこをタップすると打ち込む文字サイズが5段階で字が大きくなっていき、調節ができます。 これは最小サイズですが、さすがに、小さすぎて見えませんね。

draftpad_07
これで真ん中サイズ。

draftpad_08
文字サイズを最大にすると、大変よく見える大きさとなっています。

入力する文字サイズを変えられるメモアプリって珍しいですね。でもこれが、何気に助かります。Safariの検索窓だと小さいけれど、ドラフトパッドだったら何を打ち込んだのが分かりやすくて、検索もしやすいという感じでしょうか。手が大きいウチの親あたりは、この機能でかなり使いやすくなるようですよ。

Safariを使った検索のアシストは他にもあります。

draftpad_09
Search with Google Maps(Safari)…を使うと、地図をダイレクトに検索できます。
ドラフトパッドで、建物の名前などを入力して、アシストを使うだけ。

draftpad_10
Seach in YouTube(Safari)…を使うと、Youtubeを検索できます。 例えば急にネコ動画が見たくなったら、「ねこ」と入力してアシストを使うだけ。

なかなかすばやい検索ができるのでありがたい機能ですよ。

 

メモした内容はEvernoteやDropboxへ。テキストデータを直ぐさま運べる有り難さといったら。

ドラフトパッドでメモしたテキストデータは、他のPCやスマホにも持っていくことができます。この機能もなかなか感動的。

draftpad_11
例えばこういうレシピのメモをEvernoteに送るとき。
メモをとったら、アシストボタンをタップして、

draftpad_12
Evernoteを選択。(アカウントへのアクセスの許可を最初だけ求められますので、Evernoteのアカウントを入力して承認する必要があります。)

draftpad_13
これだけで、Evernoteへきっちりメモが送られます。タグづけも出来るといいんですが、そこの設定はちょっと見つけられませんでした。おしい。

また、Dropboxへ送る時も同様にアシストを開いて、Dropboxを選択すればいいです。

draftpad_14
Dropboxの場合は、DraftPadのフォルダが作られまして、その中にテキストファイルが作られます。 ファイル名が日付と時間になってるので、いつ書いたメモなのか分かりやすいですよ。

 

ブログの下書きやメールの下書きにtextexpander(テキストエキスパンダー)のアシスト使うとすごい。

draftpadでもtextexpanderのスニペットが使えた件。

ここの記事を読んで知ったのですが、enable textexpander、このアシストがすごいですね。textexpander(テキストエキスパンダー)で登録したスニペットをそのままドラフトパッドでも使えるようになるとか、はじめて知った時、夜中に一人でうおーっ!とか言ってしまいました。

ただし、enable textexpanderというアシストは最初から入っているわけではないので、自分でアシストを追加しなくてはいけません。

draftpad_15
ドラフトパッドの方でlibraryを追加して設定します。

draftpad_16

enable textexpanderていうのと、disable text expanderっていうのをIMPORTします。

そうしますと、enable text expanderていうアシストを適用させてから、textexpanderで登録したスニペットを使うことができるようになります。スニペットを解除するときは、disable text expanderを選択すればよいです。

テキストエキスパンダーについては、先日感動を覚えたばかり。

iPad mini使ってブログの下書きをするのが楽しい。TextExpanderっていうアプリのおかげです。 | ぴらめこな生活

このテキストエキスパンダーは、こうしてドラフトパッドに補助的な役割として使うと一層よいのですね。メールでよく使う定型文や、著名なんかもスニペットで登録しておくと、メールの返信も億劫になりません。(多分)

そしてドラフトパッドで書き上げたブログの下書きは、dropboxのアシストを使ってdropboxへテキストファイルを送り出してます。 これで、PCへもっていってからも編集がラクになるというステキな流れの出来上がりですよ。

こんな風にドラフトパッドはアシスト機能は自分で好きなものを選べます。 ただ英語表記な上に、たくさんありすぎて全部を理解しきれませんが、Libraryを選択するといろいろ出てきます。 何度でも追加したり削除したりできるので、私もいろいろ試してみたいと思っています。

 

メモった内容はいつもバックアップされてる。

前に書いた内容がちゃんと残っていてくれるあたりも、安心して使えるポイントとなっています。

draftpad_17
時計マークをタップすると、

draftpad_18
今まで書いたメモ達が、勝手にバックアップされています。 仮に間違ってメモ消しちゃったかも?!っていうのをこれで防ぐことができるんですね。有り難き機能。

履歴は右上のclearで全消去、1個ずつ選択して右から左へスワイプしても個別に消すことができます。

 

なんかいろんなところで「ドラフトパッド」がオススメされているので、どんなもんなのかなあと思っていましたが、 形はシンプルなのに、使ってみると強烈に便利なので、いろいろ感動しました。今までAndroid&Windowsユーザーでしたが、iOSも使ってみるといいものですね。いいアプリがたくさんあるのでファンになりそう♪

 

※DraftPadは無くなりましたが、後継のアプリとしてTextwellというのがあるようです。ただし、TextExpanderは使えないようですが。

Textwell

Textwell (250円)
(2013.10.12時点)
posted with ポチレバ

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました