現在サイトのリニューアル中につき、ちょいちょい表示に変更があります・・少々ご不便をおかけしますがご勘弁ください。

今使っている「のり」に不満を感じたら、コクヨのドットライナーがだいぶおすすめ。

dotliner_00
いたるところで、おすすめ文房具として紹介されているコクヨの「ドットライナー」という「のり」。私も絶賛愛用中です。

dotliner_08
ドットライナー」って、つまりテープのりみたいなものなんですが、なんといっても使い勝手が全然違います。 でもお値段がスティックのりなどと比べるとやや高めなので、買うのを躊躇してしまうかもしれませんね。 私も最初は、こんな高い「のり」は買わんぞ!とか思ってましたし。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

細かい部分こそテープのり。

しかし使ってみると、これがまたクセになるんですよ。確実に今までのストレスが軽減されます。 少々高めな「のり」ではありますが、ここは使いどころを分けてみる、なんていうのはどうでしょうか。

dotliner_02
例えば、封筒をとじる時。切手を貼る時。細かい作業をする時などなど。 特にのりしろ部分があまり大きくない部分には、コクヨのドットライナープチが活躍してくれます。

 

スティックのりじゃダメなんですか?

dotliner_03

ダメじゃないです。写真のスティックのりは、シワシワならないし、一番ピタッと貼れていい感じです。 これもダメじゃないですけど、細かい問題はあるわけなんですよ。

・のりづけが足りなくて剥がれてくる。(けっこうグリグリ塗り込まないといけない)

・細かいところを塗るには、はみでるから紙を下にしく必要がある。(なんかいらない紙とか敷き紙を探す必要がでてくる)

・手にのりがつくこともある。(のりを塗ったところをうっかり触っちゃうとベタベタになる。次の作業に支障がでる)

・乾くまで待たないとくっつかない。(抑えてなくちゃいけないときもある)

それでも、水のりを使うよりはずっといいんですが、なんか面倒くさいなあ、とも思うわけです。いや、スティックのりがダメなわけじゃないんですよ。(くどいか・・)

 

ドットライナーの使い勝手。

普通、のりをつけたら乾ききらないとちゃんとくっつきませんが、ドットライナーは、のりが乾くのを待つ必要がありません。 塗ったらすぐつくので、ものすごく効率がいいです。

dotliner_04
使い方も難しいことはなくてですね。よくある修正テープや、テープのりのように、先の部分を紙に押し当ててのりをつけていくんですが、塗るときの軽さがありがたいです。けっこう楽しい作業です。

dotliner_05
のりをピーッとつけると、のりを塗った部分がうっすらと見えるわけですが、この「のり」は乾いてくっつくのではなく、シールの「のり」みたいな感じです。 なんていうか両面テープ的なくっつき方といいますか。のりを付けたら上からしっかり押さえ込めば、乾かさなくても直ぐさまくっつきます。

dotliner_06
ドットライナーのテープの部分をよくよくみると、ツブツブがついています。それが「のり」なので、要はツブツブが紙につけられればいいわけです。 プチの「のり付け」する部分は、7mm幅と小さめ。でもって、小回りがきくんですよ。曲線などの細かい部分もギリギリまでのりをつけることができますよ。粘着力は簡単に剥がれない程度にしっかりしてます。

バレンタインはもちろん、ちょっとしたプレゼントにも。自分で作れる手作りの箱。の時も使いましたが、のりしろが少ないときはのりをつけるのも一苦労ですからね。 くっつける前に乾いてしまう心配もないので、落ち着いて作業ができるメリットもあったり。

dotliner_07
特に複数の封筒に封をする時なんて、かなりスピードアップがはかれますよ。プチでもけっこう使えますけど、封筒に特化するなら、


コクヨS&T テープのり[ドットライナーホールド](本体) 強粘着 タ-DM4200-08が、かなりよさげですね。詳しくはメーカーさんのサイトを参考にしてください。

ドットライナー ホールド|ドットライナー|商品情報|コクヨS&T

 

ドットライナープチでも、充分つかえる。

dotliner_09
私が使っているのは、ドットライナープチ(210円)で、詰め替えができないタイプです。6cm×3cm弱、厚さ1.5cm弱なので、少し大きな消しゴムくらいの大きさ。 かさばるかと思いきや、スティック糊よりも邪魔にならないという意外さを感じてます。それほど頻繁に使うワケではないですが、1個持ってるとやっぱり便利。

ドットライナー プチ|ドットライナー|商品情報|コクヨS&T

 

高いけどいい。間違いなくいい。

かなりいい「のり」なんですけど、それでもちょっと高いなあって思うかもしれませんね。さすがに、子どもの工作のごとく、広範囲にべた塗りするような場合はお勧めできませんけども・・・作業効率は格段にアップする点は間違いないです。時短とストレス軽減ですね、まさに。

ドットライナーシリーズは他にも種類があるので、用途に応じて選んでみてはどうでしょうか。今使っている「のり」に不満を感じていたら、きっと解消してくれるはず。

こういう便利文房具、大好きであります♪

関連サイト: 商品ラインアップ|ドットライナー|商品情報|コクヨS&T

コメント

  1. おしげ より:

    100円ショップのテープノリが今回は駄目でした。(前回はよかった)ので、すこし高いですが、買いました。プチがよかったなぁ知りませんでした。

    • ぴらめこ ぴらめこ より:

      おしげさん コメントありがとうございます。
      100円ショップの文房具は、どうしても当たり外れがあるんですよね。
      いや、文房具に限った話じゃないんですけど、買ってしまった以上なんか悔しいんですよね。

      コクヨのプチサイズのテープノリはコンパクトながらも使い勝手悪くないので、個人的に気に入ってます。
      しかし粘着力を考えると、ニチバンが一番かなーなんて思ってます。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました