サイトをリニューアルしました。
SPONSORED LINK

アイリスオーヤマのセラミッククイックパン10点セットを買ってみました。

nabeset_00
つい最近ですが、まださっぱりお部屋は片付いていないのですが、お引っ越しをしたことをきっかけに、鍋を新調してしまいました。

購入したのは、アイリスオーヤマのセラミッククイックパン。 セラミックの鍋なんて始めて使います。本当は取っ手が取れる鍋といえば、ティファールが有名なので、そっちを考えていたんですが、予算的なものからレビューもまずまずのアイリスオーヤマを使ってみることに。

nabeset_01
10点セットで、1万円しません。そんな中身は以下のとおりです。

nabeset_02
なんといっても取っ手が取れるということで、こんな風に鍋をコンパクトにできるところがメリットであります。そして鍋の表面にセラミックがコーティングされているので、遠赤外線効果があるらしく、通常の鍋に比べて、中まで早く熱が通るとのことです。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

フライパンは2つ。

nabeset_03
まず、フライパンは普通のと炒め鍋と2種類あります。大きさはどちらも26cmです。
深い方が炒め鍋でしょうか。私はフライパンといえば、平たい方しか使ったことがないので、こちらの炒め鍋はどう扱っていいのか、正直戸惑っております。重さはけっこうありますね。鉄鍋ほどではないですが、長く鍋降ってると慣れないと手首痛めるかも。

 

小鍋と中鍋。

nabeset_04
これは16cmの小鍋。ソースパンとかっていうんでしょうか。10点セットには、16cmの鍋用のフタはついていないので、強引に20cmのフタをつけるとこうなります。こうやって使うのはやめた方がいいかも。

nabeset_05
これは20cmの鍋。こちらにはぴったりのフタがあります。個人的にはこれくらいの大きさで、煮物とかジャムとか、作ることが多いです。今まではアルミ製の雪平鍋を愛用していたので、それからするとだいぶずっしりしてますね。

10点セットについてくるフタ。

nabeset_06
フタは20cmと、26cmの2種類。ガラス製でフチにはシリコンがついています。フタに大きめな穴がついているので、熱が逃げすぎてしまうんでないかと、ちょっとそこが気になるかな。

nabeset_07
それから、ビニールぽいフタも20cm26cmのがあります。これは火にかけている時に使うんじゃなくて、調理後に取っ手をはずし、このフタをしてそのまま冷蔵庫へ入れる時に使う保存用のフタです。正式には、「PEシールふた」って言うらしいです。作ってそのまま保存できるのは、ちょっと嬉しいかも。

nabeset_07_02
こんな風に、20cmの鍋にそのままぴったり付けられます。このお陰でタッパに移さなくていいので、洗い物が減るという・・w

 

気になる取っ手の部分。

nabeset_08
取っ手は2本入ってます。取っ手が取れるタイプの鍋では重要な部分ですね。買う前に一番気になるところなのではないでしょうか。

nabeset_09
鍋との接触部分は、シリコンがついていて滑りにくく、なお且つ、鍋を傷つけないようになっています。ちなみに、この取っ手は「丸洗いはしないでください」との注意書きがありました。中身が錆びてしまう可能性があるんだとか。汚れたら、なるべく早いうちに濡れ布巾で拭き取ると良いみたいです。

nabeset_10
取り付けの際は、角度に注意します。取り付ける時はレバーを回すとよいです。

nabeset_11
しめる」の位置までレバーを動かすだけで、しっかりと取っ手が付けられます。

nabeset_12
外す時はレバーを「あける」の方へ回して、ボタンを押すと外せます。

基本的に鍋のフチ出っ張り部分にちゃんと引っ掛けないと取り付けることは出来ません。でも、それほど難しい印象はなくて、けっこうしっくりくる付け心地ですよ。始めてでも特に戸惑うことなく取っ手を着脱できました。

nabeset_13
取っ手をもってフライパンを動かしてもガタつきは感じられません。

 

セラミッククイックパンを使う時は、こんなことに気をつけなくては。

テフロン加工の鍋なら、油をしかなくても調理することが可能ですが、セラミックの鍋は違うようです。必ず、油をひいて調理しないと焦げ付いてしまうんだとか。ただし、煮込み系、蒸し料理系は、大丈夫。

そして、セラミックは熱回りがいいらしいので、火加減は必ず最大でも中火まで。弱火で普通の中火、中火で普通の強火に値します。いつもの調子の勢いで強火にしてしまうと焦げ付いてしまうとのことです。ちなみにIHの場合の中火は500w〜1000wをさすようですよ。

今日は早速、IHで焼き肉用のお肉を焼いてみましたが、ガツガツやくというよりじっくり火が通るという感じで、薄い肉でも焦げにくいかもです。ただ、フライパンに厚みがあるためか、鍋が温まるまでに少し時間がかかるかなあという印象でした。

先に油をしっかり塗り込めば、全くくっつきません。でもまあ、新しいうちはどんな鍋でもくっつきにくいんですが、どれくらい長持ちするのか、そこら辺はしばらく使いつつレポしていきたいと思います。

 

追記(2013/11/06)使用感についてはこちら。

アイリスオーヤマのセラミッククイックパンを長く使う方法。
セラミックのフライパンを使ってから半年以上経過したので、そろそろ使用感を書いてみました。
セラミッククイックパンを半年使った使用レポ。20cmの鍋について。
セラミッククイックパン10点セット内、20cm鍋の使用感。IHクッキングヒーターで調理してます。

 

コメント

  1. しろ より:

    こんにちははじめまして”しろ”といいます!

    プレフィールのレビュー記事からこのブログを知りました。

    この記事のフライパンって最近CMでやってるやつですか?

    便利そうなので気にしていましたがフタまでは盲点だったので

    詳しいレビューありがとうございました!(・ω・)ノ

    よかったらこれからもよろしくお願いします。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました