現在サイトのリニューアル中につき、ちょいちょい表示に変更があります・・少々ご不便をおかけしますがご勘弁ください。

封筒の切り口が気持ちいい!ミドリの「レターカッターⅡ」を買ってみました。

lettercutter_00
実のところわざわざ封筒を開けるだけの道具なんてイラネー、などと今まで思っていましたが、案外レターカッターを使うのもいいものですね。

封筒の開封て、開けて中身がきれいに取り出せればいいだけのことなんですが、微妙に面倒な雰囲気が漂ってませんかね。

lettercutter_01
今まではハサミを使って、こうやってギリギリを狙って端っこを切り落としたり。これをやると中身も一緒に切ってしまうこともあるので、かなり集中力を要します。そして頑張って開封したにもかかわらず、何度も切ってしまったことがある私。

lettercutter_02
ハサミの刃ををガバッと開いて、カッターナイフのように扱ったりもしてました。
しかしこれは、はっきりいって危ないです。ハサミは片方だけの刃でも切れます。

他には、手でビリビリ破くのか、カッターを使うのか、そんな風にして封筒を開けていました。必要なのは中身だけで封筒はどうなってもいいとは思いつつも、ビリビリ破けた残骸を見ると、結構虚しさ感じます。それに友人からの手紙なんかは、封筒もキレイにとっておきたくなりますしね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

レターカッターってちょっと便利かも。

ある日ミドリという会社の「レターカッターⅡ」を雑誌で見かけまして、お値段も手頃だし買ってみることにしました。

lettercutter_03
大きさは10cm足らずで、だいぶコンパクトです。

lettercutter_04
パッケージにゴミのでない封筒開封器って書いてるところがまた気になるじゃないですか。

lettercutter_05
刃は完全に保護されていまして

lettercutter_06
こんな風にギューっと握っても、全く危なくありません。

使い方もすぐに覚えられました。

lettercutter_07
まずは、封筒の中身を開封しない側に寄せます。そして、封筒の折り返しの部分にレターカッターをセット。刃がちょうど間に挟まる感じです。

lettercutter_08
あとは、レターカッターについてる矢印の方向へサーっとレターカッターを封筒になぞらえて動かすだけです。

lettercutter_09
じゃーん。こんな風にゴミが出ることなく開封ができちゃます。本当にゴミの出ない封筒開封器ですね。シャーっと動かす感覚がまた気持ちいいんですよ。あっという間ですね。

でも、100発100中うまくいくわけではありません。封筒の端っこが潰れていたり、厚みのある封筒は失敗しやすいです。

lettercutter_10
こんな風にベロのとこ(封筒の折り返し部分)にうまく刃が入り込まないとスパッと気持ちよく開封ができなかったりします。

lettercutter_11
失敗例がこれ。まあ、ここまで開けれれば充分ではありますけどね。

lettercutter_12
ベロのところじゃなくても、刃が上手く入り込めばいいだけなので、サイドの部分でも上手く開けられる場合もあります。

lettercutter_13
というわけで、いくつか失敗もありつつも、これくらいの量の封筒がすんなり開封できました。ハサミやカッターを使うよりも確実に速いです。集中力も使いませんし、全く危なくないですしね。テレビでも見ながら、流れ作業のように開封ができますよ。
フフン♪

相方さんも、封筒5枚くらい連続でスパスパ切れるとなかなか爽快だと喜んでおります。

おまけの使い方。

封筒の開封以外にも何気に便利に使わせて頂いています。

ミスプリントの用紙裏はいつも4分の1に切ってメモ用紙にしてます。そこで、いつもなら折り目をつけてカッターで切っていたんですが、これがまたしっかり折り目をつけないと切り口が曲がるんですよね。

lettercutter_14
そこで、レターカッターを使うと、折り目ががあまくても間違いなく真っ直ぐに切ることができます。これだといらない紙は、すぐにメモ用紙にしておけるので割とデスク周りが片付いていい塩梅となってます。

小さくて邪魔にならないですし、レターカッターって持ってると便利ですね。イラネーとかいってごめんなさい。現在ものすごく愛用してます。

 

参考サイト:ミドリ|ミドリスタイル|レターカッターⅡ

 

↓こっちのレターカッターなら大きめで更に使いやすそうですね。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました