現在サイトのリニューアル中につき、ちょいちょい表示に変更があります・・少々ご不便をおかけしますがご勘弁ください。

アップルのiCloudとやらがWindowsでも使えることを初めて知ってたまげた。

icloud_win_00
ちょっと前の話になりますけど、iPhone5とiPad miniをiOS7にアッグレードしたので、母艦のPC(Windows7)のiTunesもバージョンアップしました。 iPhoneとiPadを使うようになってから、めちゃんこ便利なことになっていたんですね。iCloud、いい!

icloud_win_01
iTunesのバージョンアップのついでにChromeにiCloudのエクステンション入れるといいよ、って流れになったのでなんとなく入れてみました。

Chrome ウェブストア – iCloud

iCloudとは、写真とか音楽とかのデータをiPhoneやiPadなどはもちろん、PCからでも共有できるようになる仕組みです。

アップル – iCloud – あなたのコンテンツを、あなたのすべてのデバイスで。

正直ついこの間まで、使ってるPCがMacOSじゃないから出来ることなんて限られるよねぇとばかり思っておりました。 しかし今となっては、iCloudがこんなに便利なモノならもっとさっさと使っておけばよかったという気持ちでして。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

何がそんなに便利なのか?

icloud_win_02
iCloudのエクステンションを入れると、iCloudのコントロールパネルをすぐ開けるようになります。設定は簡単。同期させたい項目にチェックを入れておくだけでよいです。

そのうちのひとつ、ブックマークがまず便利。チェックを入れておくと、iPhoneとiPad miniとPCのブックマークが全て共有できるんですね。(ちなみに私が使用しているPCはMacOSではなく、Windows7です。)

ブラウザのブックマークを同期させることについては個人的にはChromeを愛用していたので、特に驚きもせずふむふむと頷くだけでしたけども、 iCloudでの同期はブラウザを選ばず、SafariでもIEでもFirefoxでもブックマークを同期して使えるようになります。(おっと、IEは前から同期できたみたいですね。)

過去記事:PCと同期するとめちゃめちゃ便利。iPad miniにchrome(クローム)のブラウザを入れました。 | ぴらめこな生活

Chromeの場合は、スマホにもタブレットにもChromeをインストールして、Googleのアカウントをもっていれば標準的にChrome内のブックマークを同期させることができます。 ただし他のブラウザのブックマークを持ってくるには、やや面倒な作業が必要だったりするわけですが、「iCloud」を使うことでiPhoneやiPadに最初から入ってるSafariにブックマークを持ってくることが可能になります。

icloud_win_05
せっかくなので、よく使うブラウザのChromeにチェックを入れてみますと、

icloud_win_08
PC版Chromeのブックマークが全部Safariに共有されました。普段Chromeを使っているので、これがいいんだか悪いんだか複雑ではあります。

icloud_win_07
ちなみにiPhone、iPad共にiCloudの設定をオンにしておかなければ同期はされませんのでご注意を。

設定→iCloud→Safari
でオンにすると、いつも使ってるPCのブックマークを持ってこれるようになります。

これでFirefoxやIEを使ってる場合も、PCのiCloudコントロールパネルでチェックを入れれば簡単にSafariでブックマークを同期させることができるわけですね。

icloud_win_09
iCloudの設定をオフにすれば、同期したデータは削除もできますし残すことも可能です。なるほど。使い方次第では、確かにいろいろ便利。

 

iPhoneやiPadで撮った写真は自動でPCへ送られるのがうれしい。

Dropboxのカメラアップロードを使っていればiPhoneやiPadで撮影した写真や動画は簡単にPCに持ってくることができますが、iCloudだけでそれができるようになってます。

流れとしましては

iPhone かiPad で写真を撮る。→PCにも写真が送られてる(ただしWiFiが使える状態に限られる)

という、ものすごくラクチンでありがたい機能です。

icloud_win_10
こちらもiPhoneやiPad側のiCloudの設定はオンにしておきます。

icloud_win_11
PCのコントロールパネルも写真にチェック。

icloud_win_06
同期がちゃんと出来ているとPCの方には、ライブラリ/ピクチャ/マイピクチャの中にiCloudフォトのフォルダが出来ます。 基本的にこのフォルダ内に、同期された写真や動画が表示されていきます。

デジカメやAndroidのスマホで写真を撮った場合、ケーブル繋いだり、携帯側で写真を選択してPCに送信するのが地味に手間だったりするんですよね。 その都度PCを立ち上げるのも面倒ですし、明日写真アップしよう・・とかやってると、結局忘れたりとかなんかもう。

それがiPhoneだと撮った写真や動画を特別な操作いらずで、画像を勝手にPCのマイピクチャに送ってくれるんです。しかも同期が早い

画面キャプチャも撮るだけで勝手にPCへ送ってくれるので、こういうアプリのことを書くときは超絶便利としかいいようがありません。こいつはイイ!

家族や友人と写真や動画をラクに共有できる仕組みもあるんですが、 新しめのOS入ったアップル製品を使ってる人やWindowsユーザーでも最近のOSでないと共有ができないので、 そこは今のところ私の環境下ではiCloudを使うのはちょっと厳しいかなあと思ってます。

それにしてもApple製品新参者な私としては、おおお!すげー!と驚くことばかり。ほんといい時代になりましたね。

アップル – iCloud – あなたのすべてのデバイス上でiCloudを設定する方法。 iCloud:システム条件

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました