現在サイトのリニューアル中につき、ちょいちょい表示に変更があります・・少々ご不便をおかけしますがご勘弁ください。

なんで手帳を使うのか。なんで手帳が必要なのか。

notebook_00
手帳を使いこなしたいけど、どう使っていいか分からない。今手帳を持ってないけどそんなに便利なものなのかな?と気になってる方へ。よかったら参考までにどぞ。


手帳は「書く」作業が必ずついて回ります。なので書くことが義務になってしまうと、全く楽しくありません。 できれば手帳を書く作業は楽しい方がいいと思われます。 誰のために手帳を使うのかって、それは自分の為ですよ。自分のための手帳だから、楽しく書いた方が得ですしね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

手帳に何を書いてるの?

雑誌の手帳特集みてもわかりますけど、みなさんいろんな書き方してますよね。ああいう人の手帳の中身を見せてくれるのってすごく参考になりますし、ありがたい。なので、私も誰かの参考になればなあと、僭越(せんえつ)ながら考えてみました。

大きくわけると私の中では手帳の中身はこんなイメージです。

1.忘れないためのスケジュール帳。

notebook_01

スケジュールというとどうしても仕事的要素でちょっと義務入りますが、そこらへんはやもえずマンスリータイプのページを使ってます。逆にあまりにも多忙でスケジュールびっしりだと、現実逃避したくなる場合もあるので、その際は書き込み過ぎない方がいいのかもなーと思います。仕事が楽しいならいいんですけどね。

2.忘備録。

notebook_03

自由に書けるスペースがあれば、覚えて置きたいようなことをずらずら書いておきます。ネットを見てる時の、とりあえずブックマークしとくか的な雰囲気もありますし、簡易的な日記のような要素もあります。

そんな忘備録を書く時は、未来の自分に活かしたい時ですかね。仕事に活かすならその日話した人のこと や、仕事の進捗具合など。出かけた場所もあるかなー。健康に気を使うなら食べたものとか。献立をメモしておくのもよいかと思ってます。

notebook_06

つまり、先々の思考の引き出しになるように、思いついたことを忘備録としてメモっておくわけです。気になる本や音楽、欲しい物なんかも書いておくと。そうすると後で見直した時に冷静に考えることができるので衝動買いが防げたりしますよ。

3.記録。

忘備録にも近いですけど、もっとシンプルなものを記録として考えてます。たとえば、本日の体重と体脂肪、ブログのアクセス数、マラソンしてるならタイムを書いておくのもいいですし、クレジットカードで買い物した時の内容もよいかと。だいたい日課のように続けてることを書いておきます。

クレジットカードは使った金額を把握してると安心ですし、体重管理もこれ以上増やしてはいけないという戒めにつながります。女性なら基礎体温を書いておくのもいいですね。

こういうちょっとしたデータから発見出来ることって案外多いんです。毎日書けなくても、途切れたら途中からでも続ければよいかと。あれもこれも頑張るぞ!とあんまり息みすぎると疲れるので、いきなり1年続けるとか言わないで、まずは1週間続けるだけでもいいと思います。

小さなデータも蓄積です。普段は何気ないことを見直すのもいいもんですよ。

どのタイプの手帳がいいのかな。

notebook_04

自分もまだ手帳を使うにあたって「独自の形」が出来上がっていないので、毎年どの手帳にしようかなあと、この時期は悩んでます。悩んだあげく毎年手帳のタイプはバラバラ。どれだけ自分が手帳に書き込むのか、それはやっぱりやってみないとわからないんですよ。毎日同じ生活とも限らないですし。

疲れてなんもうかばね・・という日もありますし、突然誰かに話したくなるような感覚で、がーっと書きたくなる時もあります。そんなムラがある自分なので、当然空白なページもあったりします。

notebook_05

使い始めのころはかなり迷いました。種類が多すぎてどうしても決められない時は、中身については気にせず「デザインが気に入ったから買う」から始めても大丈夫だったなあと今になって思います。 この手帳だとダメだなーと思ったら変えればよいわけで、まずは使ってみることから始めてみる。なんだかんだいって使い続けているうちに、毎年自分なりの工夫が生まれてきますし、そうなってくると手帳が辞められなくなるんですけどね。



お酒をおいしく飲むために。

どんなタイプの手帳であれ、手帳があるとなんか安心なんですよね。そんなことを言いつつ、なんも書かない日もあったりするんですが、逆に空白だらけの日が続くと危機感を持つことができてよかったわーと、私の場合なります。

時間を自由に使えてしまうフリーランスだと誰も尻を叩いてくれません。白紙ってことは、何にもしてなかったんですか?と自分に問うことができます。そんな手帳を見てはエンジンかけなおして本気出す。本気出さないと収入減りますし・・

そうやって空白だった部分を後から思い出して書くこともあります。書くタイミングはどうであれ、手帳に書いて形を残しておくと、リアルが今ひとつな状況でも、どういうわけか手帳の中身だけは充実させたくなってきて、いっちょやってみるかなって気持ちになるんですよ。そうするとずっと負のオーラを漂わせることも減るんですよね。書くって脳を動かしてるんだなあと思いますよ。

notebook_07
そんなわけで、書いたり書かなかったりの手帳を年末に見直して、今年もがんばったなあと1年間の思い出に浸りながら、ご褒美にちょっと美味しいものといいお酒を飲むのが好きなのであります。

次のいい年を迎えるための「手帳」といっても過言ではありません。

コメント

  1. […] なんで手帳を使うのか。なんで手帳が必要なのか。 | ぴらめこな生活 […]

  2. サクラ より:

    12月のページが見開きになっているツィードチェック柄ぽい手帳はどこの手帳でしょうか?
    まさに、日曜始まり、ブロックも横に大きめで探し求めているタイプなんですがー!

    • ぴらめこ ぴらめこ より:

      サクラさん
      コメントありがとうございます。

      ツイード柄の日曜始まり手帳ですが、これは昨年100円ショップのセリアで購入したものなんです。なので、写真は2013年版のものです。
      シンプルで使い勝手もよいので、2014年分も購入しようかと思いましたが、いまいちまだ見つけることができてません。
      お力添えできなくてすみません。。

      100円ショップの手帳もわりと使えるんですけどね。毎年同じのが出てくれないのが難点であります・・。

      • サクラ より:

        ありがとうございます。
        特に日曜始まりの手帳は肩身が狭いみたいに陳列されていますものね。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました