現在サイトのリニューアル中につき、ちょいちょい表示に変更があります・・少々ご不便をおかけしますがご勘弁ください。

メモ用紙やレシートを一時的に保存するためのポケット付箋。

pocketfusen_00
ちょろっとメモをとった紙。経費にするレシート。 とりあえず、いつも目を通す手帳やノートに挟んでおくことがあるんですが、挟むだけだと落ちるんですよねえ。こんな時こそポケット付箋が使えるのです!

って、ポケット付箋て数年前に流行ったみたいなんですが、私知りませんでした。
ポケットシールなら知ってましたが、シールだと剥がすの大変なので基本的に場所をきっちり決めなくちゃいけません。 失敗は許されないところがシールなんですよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ふせん」っていうところがいい。

pocketfusen_01
ポケット付箋のよいところは、どのページに貼ってもきれいに剥がせるところ。何度でも貼り直しがききます。 付箋なので粘着力が弱いですが、そこがよいのです。 ちょっとポケットほしい、でもずっとつけておきたいわけじゃない、というワガママな願望を叶えてくれる、嬉しい小物なのであります。

pocketfusen_02
フィルム素材で薄く、普通にノートの1ページにペタッと使ってもゴワゴワ感がありません。ページをめくる時の違和感もあんまりないです。

pocketfusen_03
今使ってる高橋の手帳にも貼ってみましたが、ちょっとこの手帳サイズにこの付箋はちょっと邪魔かなあ・・・・
使うけど。

pocketfusen_10
主に常備しているA5ノートや来年のマークスの手帳に使いたいと思います。 関連ページにペタリと貼って、小さなメモもまとめておけます。

これはずっと貼っておくわけじゃなくて、後ほどノートの内容の整理が終わったら剥がすことができるわけで、ちゃんとノートや手帳も普通に活かせるところがよいと思うのです。

pocketfusen_05
メモやレシートを挟んだままページめくりしても、紙が落ちないところが助かるなー。

pocketfusen_04
ポケットといえども付箋なので粘着力は弱くて、あんまり何枚も収納することはできません。いいとこコピー用紙なら2枚。レシート2~3枚までですね。でもまあ、やり方はいろいろありまして、

pocketfusen_06
こんな貼り方をすれば、収納力ちょっぴりアップ。

しかしたくさん入れてヘビーに使う場合は、「ポケット付箋」だとイライラしそうなので、もっと丈夫な「ポケットシール」の方が良いんじゃないかなあと思います。

 

ポケット付箋にラクガキもできる。

ポケット付箋の説明書きに、直接書き込めるってあったので書いてみたんですが、

pocketfusen_07
黒の付箋にしてしまったばっかりに、よく見えません・・。 黒の場合だとあんま使わないかな、この機能。

pocketfusen_08
試しに写真などにも書き込めるゲルインキボールペン Juice(ジュース)の白ペンで書いてみました。 白地に黒字は普通ですけど、黒字に白字ってなんか気分上がるんですよね。なぜか。デコって楽しい。

pocketfusen_09
乾かないうちにこすると消えちゃうので、そこらへんはご注意ください。

pocketfusen_11
というわけで早速、来年使うEDITの手帳にセッティング。うむ、イイ感じに馴染んでます。

pocketfusen_10
各月のページにも使うことになりそうです。

付箋って便利ですねえ。

 

こっちの付箋も重宝してます。

「インデックス付箋紙」っていう便利なものがあったのか!
後でノートを開いて見直す時にどこに書いたっけな・・と探すのが面倒で、 手元にあった付箋を貼ってインデックス代わりにしていたんですが、こんなのあったならもっと早くに使いたかった・・。

この形が有り難いんですよね。ページを邪魔しないので。いろんなパターンを使い分けて使うといいのかも。

 

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました