サイトをリニューアルしました。
SPONSORED LINK

ページを入れ替えできるメモ帳のツイストリングノートがちょい持ちに便利なのです。

lihit_a7_00
リヒトラブツイストリングノートメモ帳版です。パッと見はカバンの隅っこにでも潜ませておけるリングタイプのメモ帳なんですけども、これ、ちょっといい使い方ができます。


B6サイズの手帳A5サイズのノートも普段使ってはいるんですが、それに加えてA7サイズの小さいリングノートも持ち歩くようにしてます。

なんていうか、財布や携帯のように持ち歩く感覚ですね。

小さなメモ帳を持ち歩く理由は、外でなんかあれば書いた方が早いっていうのが一番の理由です。電話しながらでもメモ取りやすいですし、A7サイズなら立ちっぱなしでも書けますし。カバンやポケットに入れて気軽に持ち歩けるところもメリットですよね。

lihit_a7_01
今まで使っていたのは、こっちの普通のリングタイプのメモ帳です。書いたらページを送って、書いた用事が済んだら破って捨てるか、別のノートにクリップしておくか、そんな感じで使ってました。

まあまあまあ、これが一般的なメモ帳の形であります。

 

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

中身が入れ替え出来るメモ帳ならいつもよりちょっとだけ仕事が捗ります。

しかしですね、更に便利に使えるメモ帳があるんですよ。

lihit_a7_02
ツイストリングノートっていうシリーズのメモ帳版です。

以前、相方さんにツイストリングノートが使えるカバーノートをプレゼントしたことがありますが、その中身の小さいサイズのやつです。
見た目は普通なんですけど、私が使ってるのは、A7サイズよりちょっと長いタイプ。普通にA7サイズのもあるようですよ。

lihit_a7_03
カバー部分はプラ素材。固めな表紙のお陰で、しっかりと手に持ってメモ書くことができます。

lihit_a7_04
裏表紙も同様。このくらい表紙がしっかりしてると持ち歩く時に紙がヨレにくいので助かりますね。

lihit_a7_05
このメモ帳の特徴は、なんといってもこのリング部分。

lihit_a7_06
こんな風に両端を持ってリング近くを引っ張ると、リングが開きます。

lihit_a7_07
リングを閉じる時は、パチパチと指でリングを挟むよいです。非常に簡単。ちょっと壊れないか心配になりますけど、今のところ大丈夫です。

これによって何ができるのかといいますと・・・

lihit_a7_08
書いたページを外して、後ろのページに持って行くことができます。

lihit_a7_09
メモした用事がもう済んでしまったら、後はそのページを切り取るなり外すなりすればよいんですけど、ちょっと後回しにしたい内容の場合、とりあえず後ろのページに寄せておくことができてしまいます。

お陰でいつでも表紙だけめくればすぐに書けるのでちょっと助かってます。
私事ですけど、いつも指先が乾いていて新規ページを探すのが難儀だったりしてまして。私、水分足りてないんですかね。。

lihit_a7_10
ページをきれいに外せることで、それぞれのページを並べることもできます。
並べてコピーを撮ったりもできますが、私はこの状態で、スキャナアプリを使って撮影して使ってます。

lihit_a7_11
こんな感じでデータ化しちゃう手もあります。こうすればメールで共有したり、エバーノートに残しておくことが可能になりますからね。

ちなみにこれは、TurboScan (ターボスキャン)ていうアプリで保存してます。
写真撮影するよりも軽いデータで保存できるし、レシートもかなりきれいに読み込めるのではっきりいってオススメアプリですよ。

 

ツイストリングノート、メモ帳サイズの注意点。

lihit_a7_12
メモが外せて便利なんですけど、使っていて少々気になる点もあります。
リング部分がリングノートと同様に小さいので、紙送りをする時にちょっと引っかかりがあるんですよね。

lihit_a7_13
折り返して使う時は、フラットにはならず、表紙部分に少し隙間ができてちょっと浮いて書く時に角度がついてます。

個人的には使っていてそこまで気にならないですけども、書き込む内容が多くて紙送りをたくさんする場合は、スムーズに行えないのが苛立ちを覚える人もいそうではありますが・・

lihit_a7_14
リフィルの替えは40枚(初期状態と同じ枚数)で買えます。しかし40枚以上挟むとだいぶきキツくなりますので、ほどほどに。紙は比較的厚めで、太字のペンでも使わない限りは裏移りしにくいですね。

ガッチリ書く時は、どっかに座ってA5サイズのノートに好き勝手書きますが、忘れないための一時的なメモとしては、軽く持ち歩けてちょうど良い感じです。

 

▼このメモ帳にペンホルダーが欲しくなったので後から自分で追加してみました。

A7サイズのメモ帳にペンホルダーをつけたくてベルトシールを装着した結果。
ベルトシールのスナップタイプを使ってみた感想と使い方。

 

↓こっちはA7より、ちょっと長めな方。

↓こっちがA7サイズ。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました