現在サイトのリニューアル中につき、ちょいちょい表示に変更があります・・少々ご不便をおかけしますがご勘弁ください。

マンスリーページに月間ブロック付せんが重宝してます。

blockfusen_00
2014年の手帳を使い始めてそろそろ半年。今更ながらこの月間ブロック付せんが役に立ってます。


手帳になんでも忘れないように書くようになったのはよいことなのですが、時にはこれを今ボールペンで予定に書き入れていいものか。。。と、手を止めてしまう内容もあったりします。例えばこんな感じ。

  • 頭に入れておきたいけど、忘れるのも困るな・・という案件。
  • 予定が動く可能性があるもの(今週末辺りで・・などというざっくりした約束。後日詳細な日時の連絡をもらうものとか。)
  • とりあえずで決めた作業工程(後で考え直すこともあるので)

・・・などなど。

もちろん、確定している内容はきちんと書き入れておきますけども、なんというか曖昧なやつ、ありませんか。

書き込む場所が変わるなら、シャーペンとかフリクションを使って後で消せるようにすればいいって話もありますが、濃い目のインクで書くのが好きなのでこればっかりは譲れないのであります。やっぱり使うならボールペン。予定が変わったら矢印で誘導するとかやってましたけど、だんだん収集がつかなくなってくるので別の手立てをと思いまして・・。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

仮の予定は付せんを使う。

というわけで、手帳にボールペン一本だけじゃ自分の管理はしきれないんだと半年たってやっと認識しました。

付せんて便利ですね。貼ってはがせてまた貼れるんですから。今後動く可能性がある内容はふせんに書いて貼っておけばいいのです。なんだ単純なことじゃないか。

いや、単純なんだけど、使い勝手のいい大きさとなると案外難しくて、いろいろ試しましたよ・・。

blockfusen_01
無印良品のインデックスふせんを使ってみる。微妙にはみ出て隣のマスの邪魔に。というか、この形ゆえに貼る場所を間違えてるようで落ち着かないので辞めました。

blockfusen_02
3Mのポスト・イット スリム見出しも使ってみる。これなら小さくていいいかな思ったんですが、ノリがついてる部分が少ないのですぐにめくれて剥がれてきちゃうという点がちと惜しい。

blockfusen_03
自分でちょうどいい大きさに切ってみる。無印のインデックスふせんを合わせてみてたんですが、切る作業が面倒になってきたので辞めました。

blockfusen_04
それで巡り合ったものがこの月間ブロック付せんです。「付せん」ていろんな形があるんですが、この大きさってありそうでないんですよね。
縦2.45mm×横27mmの大きさのマンスリーのマス目に収まってくれます。吹き出しの形ゆえに、日付を隠しにくいのもよいかと。

blockfusen_05
それと台紙の形がいいですよ。手帳のしおり替わりに挟んで使えますし。

blockfusen_06
でもって月間ブロックふせんは、紙の3分の2くらいまでノリがついているので剥がれにくいところもよいです。個人的にはこんなに可愛らしくなくていいから、角丸な正方形くらいでもうちょっと安く手に入ると嬉しいかな。

blockfusen_07
現時点で確定している内容もぼんやりとした予定も、この一冊にうまーく収めたいなあとただそれだけだったのに、ふせんひとつでここまで悩むとは・・。

でもまあ2014年前半は手帳の使い方がはっきりしていなかったんですが、後半は自分なりの手帳ルールが定まってきそうです。

 

ちなみに使っている手帳は、マークスのEDITです。一緒に使っているグッズもよければ参考にどぞ。

薄い紙でも裏写りしにくい蛍光ペン「フリクションライト」のソフトカラー。
紙が薄いEDITの手帳でも安心して使える蛍光ペンはフリクションライトのソフトカラーがいいなーと近頃愛用してます。
手帳にもオススメ。書きやすくて裏写りしにくいボールペンたち。
紙の薄い手帳、EDITでもあんまり裏写りしにくいペンを並べてみました。手帳向けなので細字がメインですけども。
メモ用紙やレシートを一時的に保存するためのポケット付箋。
ちょろっとメモをとった紙。経費にするレシート。 とりあえず、いつも目を通す手帳やノートに挟んでおくことがあるんですが、挟むだけだと落ちるんですよねえ。こんな時こそポケット付箋が使えるのです!
2014年の手帳はマークスのEDITを使ってみることにしました。
1日1ページも書くスペースがあるマークスのEDIT。 ここ数年注目を集めている手帳ですが、今なら使ってみるのもアリかもしれないと、思い切って買ってしまいました
「インデックス付箋紙」っていう便利なものがあったのか!
後でノートを開いて見直す時にどこに書いたっけな・・と探すのが面倒で、 手元にあった付箋を貼ってインデックス代わりにしていたんですが、こんなのあったならもっと早くに使いたかった・・。

 

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました