サイトをリニューアルしました。
SPONSORED LINK

モミモミするだけでフローズンスムージーが作れるチルファクターを買ってしまいました。

chillfactor_00
話題のチルファクタースラッシーメーカーで、フローズンを作ってみました。これすごい。

chillfactor_01
箱がバリバリの英語で、微妙に不安を感じますけども

chillfactor_02
中にちゃんと日本語で書かれた説明書が入ってます。

chillfactor_03
この説明書に分解と組み立ての仕方が書いてます。難しい形ではないですけど、慣れるまでは捨てずに取っておいた方がよいかも。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

チルファクターはこんな風になってます。

chillfactor_04
カップの大きさは、高さ約15.5cmで飲み口の直径が約9.5cm。容量は350mlなんですけど、スムージーを作る時は最大で260mlまでドリンクを注ぐ形になります。見た目の大きさのわりには作れる量は少ないかな。

chillfactor_05
カップは分解できようになってます。そのままでも洗って使えますけど、断然分解した方が洗いやすいです。カップに深さがあるので、バラさないと保冷剤部分に手を入れるのがちょっと大変なんですよ。

chillfactor_06
組み立てる時はシリコンカップに突起のついてるリングを下から通してから、

chillfactor_07
白い保冷剤をカップにセットしまして、

chillfactor_08
一番細いリングをその上にセット。

chillfactor_09
最後に大きめの溝のついたリングを先につけていたリングと合わせて回しながら固定すればOKです。

chillfactor_10
この状態で、チルファクターを冷凍庫へ4~6時間入れておきましょう。カップにはフタもついてきていますが、フタは付けずに冷凍庫へいれますよ。

おっと、ドリンクも忘れずに冷蔵庫でしっかり冷やしておくことも忘れずに。冷えたドリンクでないとスムージーはできないようです。

チルファクターの使い方。

chillfactor_11
さて、前日にチルファクター スラッシーメーカーをセットしてから6時間以上すぎました。手始めに冷蔵庫に冷やしていたファンタを入れてみることにしました。

chillfactor_12
ジャーっと注ぎます。ただし入れ過ぎ注意ですよ。目安は8分目くらいまでですね。今回は最初なので、遠慮して6分目くらいにしときました。
ここで分量の調節が自由にできるのはありがたいかも。

chillfactor_13
説明書には、ここでフタをして1分くらい置いてからモミモミすると書いていたんですが、今回は凍る過程をよく見たかったのでフタなしでモミモミしてみました。

カップの側面をひたすらモミモミ。

chillfactor_14
最初は液体だったんですけど、だんだん氷の塊が・・・?

モミモミモミモミ・・・

モミモミモミモミ・・・

chillfactor_15
モミモ・・?!

氷の塊らしきものが出来始めると一気に色が変わってきまして多分、これくらいになれば食べごろなのかと。なんとジュースを注いでからモミモミして1分~2分くらいで出来あがりました。すごいこれ不思議。

チルファクターで作ったスムージーの味。

chillfactor_16
食べてみると、氷のシャリシャリした食感があるのかなあと思いきや、なんとも絶妙な滑らかさなのですよ。炭酸ジュースを注いだので若干シュワっとした雰囲気も残しつつ、口当たりがとってもよくてこれはクセになりそうであります。

ジュースをそのまま凍らせると、どういうわけか味が薄くなったりしますけど、チルファクターで作るとジュースの甘さも充分に活きてます。うーん、これはおいしい

ビニール素材の匂いとかつかないのかなあと心配でしたけど、よく洗って冷凍庫に入れている時点で匂いは消えてまして、ジュースを注いでモミモミして作ったスムージーにも匂い写りはしていませんでした。

入れ物に入れたままそのまま食べられるところもまたよいですね。モミモミしてスムージーができてからも、しばらく保冷効果が保たれていてすぐに溶け出さず最後まで冷たくて美味しく頂けちゃいます。

chillfactor_17
しいていえば、内側の形が複雑なので最後の方がきれいに取り出せないのが心残りだったりしますが。。

chillfactor_18
付属のスプーンは長くていいのですが、軟弱な作りのため若干使いにくいのがちょっとですかな。かき氷で使うストロースプーンか後でパフェスプーンでも買ってこようかなと思ってます。

正直買う時はどうなることかドキドキだったんですけど、自宅でこの食感を味わえるなんて、これは買ってよかったですよ。作ったスムージーを別容器に移して、アイスやフルーツを添えたりしてアレンジを楽しむのもアリですね。う~ん、想像の翼が広がりますなあ♪

冷凍庫で容器を凍らせる時間が4~6時間は必要なんですけど、その時間が待てない時は、何個か用意してローテーション組むというのも手かと思います。

こりゃ、お子さんと一緒に作っても楽しいですねえ。大概の飲み物ならいけるらしいですし、なんといってもかき氷なみに安上がり。今度はチルファクターでお酒も試してみたいですし、コーヒーや乳製品もやってみたい。今年の夏はいろんな飲み物が作れそうです☆

 

今のところAmazonなら個別で買える模様。在庫が少ないのが気になりますけど・・

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました