穴を開けずに傷もつけません。そんなフックを洗面台下に自作してみました。

harigane_fuck_00
フックの設置場所は洗面化粧台の扉の裏を利用してみました。両面テープも使ってないので扱いがラクなところがポイント。

思いつきで作ったので、見た目的になんかアレ?って感じなんですけど、まあアイデアのひとつとして。もうちょっと丁寧に作ればそれなりになるんじゃないかと思うのですが、そこら辺は追い追い考えていきます。

harigane_fuck_01
作ったのは、これ。

洗面化粧台の扉の裏に使い捨てのポリ手袋を設置したくて、引っ掛けるフックをこしらえました。雑な作りが虚しさ感じますけど、ここは普段は見えない場所なので、ある程度割り切ってます。

できればドアフックのようなものを考えていたんですけども、洗面化粧台の扉はドアよりも薄いのでなかなかしっくりはめられるものを見つけることができなかったんです。とりあえず自作しとくということで収まりました。

harigane_fuck_02
使った材料は、加工がしやすいアルミ製の針金と、針金に巻きつける布製のテープ。布製のテープはマスキングテープのコーナーにあります。針金はあんまり太いものだと扉の開け閉めに支障が出てしまいますし、細すぎても使いづらくなるので適度なものを選びます。私は太さ1.5mmの針金にしました。とりあえず100円ショップ(セリア)で手に入れることができますよ。

harigane_fuck_03
針金は、ペンチを使ってこんな感じの形に折り曲げます。どれくらいの長さのフックにするかにもよるんですけど、50cmもあれば十分に間に合います。扉に合わせて折り曲げてみて長い場合はニッパーで切りましょう。

harigane_fuck_04
針金の端っこは、扉の厚みに合わせて折り曲げます。

harigane_fuck_05
表側から見ると、端っこがちょっと出る形になります。

harigane_fuck_06
ポリ手袋入りの箱を引っ掛けるフックを真ん中あたりで作ります。こういうのはラジオペンチを使うと楽ちんですね。余った部分は切ってもいいですが、ある程度の巻きつけて処理すると強度が増します。

harigane_fuck_07
少々バランスが悪いですけど、基本的にこんな形が作れれば事は足ります。

harigane_fuck_08
あとは扉に引っ掛けてみながらバランスを取りましょう。

harigane_fuck_09
一旦、物をぶら下げてみます。針金の幅を広げると高さ調整ができます。お好みの位置でどぞ。

harigane_fuck_10
針金だけでも使うことができるんですが、まれに金属がこすれて塗装に色がつくことがあります。なんせ賃貸住宅なもんで、きれいに使わないとマズイよねということで、そういうのを防ぐために針金に布製のテープを巻きつけます。

針金が柔らかいので巻きつける時に曲がるんですけど、またあとで調整できるので、そういうのは気にしなくて大丈夫です。

harigane_fuck_11
テープを巻いて、形を整えて完成です。

harigane_fuck_12
箱をぶら下げるとこうなります。

harigane_fuck_13
こんなふうに扉に引っ掛けてます。ここにあまり厚みが出てしまうと扉がきれいに閉まらなくなるので、なるべく薄く平らに仕上げるのがポイントです。

harigane_fuck_14
ちょっと残念なのが、表側になんか出てるよ?ってなるんですよねえ。このやり方だとどうしても引っ掛ける部分が見えてしまうので、何かもうちょい工夫が必要だなあと思うわけで、試行錯誤段階ではあります。

スポンサーリンク

このフックは実はいろんな使い道を秘めている。

ちなみになぜポリ手袋を取りやすい場所に置いたかというと、洗面所やお風呂の排水溝に髪の毛が溜まるのをこまめに取り除くためです。気がついたときいに手袋つけてサッととってゴミ箱にポイってすればいいかなと思いまして。掃除があんまり億劫にならないように取り出しやすい位置に置いとこうということであります。

もちろん手袋に限らずとも、この手作りフックは工夫次第で他にも小物を収納できるようになります。引っ掛ける場所を作ることで、ワイヤーラックのパーツを使うことができるようになるんですよね。なので、

harigane_fuck_15
こんな風にさらにフックを引っ掛けてみたり、

harigane_fuck_16
さらに輪ゴムも利用してしっかりめに固定してみたり、

harigane_fuck_17
小さめのワイヤーバスケットを引っ掛けてみたり。

いづれも、こすれて扉に傷がつかないようにパーツと扉の接地面に工夫が必要ですけども、これでちょい置きスペースが作れるんですよね。

ただし、重量感あるものを扉にくくりつけると扉の蝶番を破損させてしまうので、ここにつけるものはあくまでも小物に限定した方がよいと思います。やりすぎ厳禁ですよ。

針金はもし手に入るなら、ビニール皮膜タイプの針金なら布テープをまく必要はないかと。


狭い洗面脱衣所を使いやすくなんとかできないものかと、とりあえずいろいろやってみてるところであります。

スポンサーリンク

↓なんとなくフォローしてみる。

関連コンテンツユニット

コメント

  1. きこ より:

    初めまして、こちらのブログを参考にさせていただき、スノコで小さい棚を作りました♪とてもわかりやすくて助かりました、ありがとうございましたm(__)mこれからも楽しみに見せてもらいますね

    • ぴらめこ より:

      きこさん
      コメントありがとうございますっ!
      スノコは安く手に入るので、ありがたい材料ですよね。分かりやすいって言ってもらえて嬉しいです♪
      涼しくなってきたので、なんか作るのが楽しくてですね、また別のもの作成中だったりしてます。
      ぜひまた遊びにいらしてください☆

トップへ戻る