サイトをリニューアルしました。
SPONSORED LINK

1×4材とスノコから作る「コの字ラック」の作り方。

konojirack_00
ちょっとした小物を収納できるように浅型なコの字型のラックをこしらえました。


近頃は無印にも100円ショップにもコの字ラックは売っていますが、なかなかこれだーっていうサイズのものに巡り会えず、結局自分で作るのでありました。

konojirack_01
我が家はテーブルの上で日常的に使うものを薄っぺらいカゴの中にひとまとめにしてます。コースター、ランチョンマット、メモ帳、ボールペン、あとはウェットティッシュとかですね。

これらのセットを居間テーブルの上に置きっぱなしにしてたんですけど、テーブルの上には物が上がってないほうが片付いてる感が出るかなあと思いまして。それにご飯もこのテーブルで食べるので、その度に寄せなくちゃならないので微妙に邪魔になってたんですよね。

konojirack_02
よく使うものだから、誰でも目について取りやすい場所がいいなあと思いまして、加湿器の下に一段分の棚を用意しちゃうか、なんていう流れです。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

コの字ラックを作るにあたっての材料選び。

作り方は単純です。1×4材を奥行き分の長さで2本用意して、そこに板材を貼り付ければコの字ラックになります。

konojirack_03
これが完成後の形。
上板の物を置く部分は、一枚板を使う方がハッキリ言ってラクチンなんですども。
一応見える場所で使うので、もう少し部屋に馴染む形がいいかなと隙間を空けちゃったりした形で、少々おしゃれにしてみました。色でも塗ればもっとオシャレになるかと思うんですけどね。

さて、使っている材料は、

  • 1×4材・・・長さ26cmのものを2本
  • 100円ショップのスノコ・・・(45cm×20cm)を2枚
  • コーススレッド(ネジ)・・・ユニクロメッキで長さ25mmを14本

実は今回は余ってる物で作ったのでお金はかかってないですが、もし材料を新しく購入したとしてもこれくらいのサイズであれば500円くらいで作れます。(のこぎりやドライバーなどの道具については別途料金で。)

konojirack_04
1×4材は安価で手に入る木材でありながら、強度もあるので非常に使い勝手がいいんですよね。
1×4材のサイズは19×89mmの木口寸法があります。コの字ラックはシンプルな構造ですけど、ある程度の強度もなければ使い物になりません。
見た目的には薄い素材の方がスッキリしていいんですけど、計算された設計が必要ですし、しかも失敗なく作るというのは難易度高いものがあります。

慣れないうちは、噛み合わせる木口にそこそこ厚さは必要かと。接着する面積が広い方が頑丈になります。
そんなわけで、脚となる部分は厚さ19mmの1×4材がちょうどよいなと思いました。

コの字ラックの製作過程。

最初に設置場所のサイズをきちんと測ってから作成を開始します。

何事も実際に図に書いてみると分かりやすくなりますね。ウチの場合は、外寸幅27cm×奥行き26cm、内寸幅23cmで考えました。
イメージとしまして、

konojirack_05
奥行き→1×4材の長さ
幅→スノコ板の長さ

ということになります。
スノコを使わない場合は、板材の長さがコの字ラックの幅を決めることになります。
奥行きによって使うスノコの枚数が違ってきます。

konojirack_06
100円ショップのスノコは、板の隙間が大きいのでバラして板材の部分のみを使いました。

コツを掴めば簡単に下駄外しできますが、100均すのこの下駄の外し方も過去記事で書いているのでよかったら参考までにどぞ。

 

konojirack_07
1×4材は、適度なサイズで先にカットしますが、スノコ板の方は固定した後からカットするようにします。ただし、幅の分の長さでちゃんと印はつけておきますよ。

あとは幅に合わせて板を並べて固定していけばよいだけなのですが、平行を保つために支えを置きながら並べていくと曲がりにくくなります。本当は動かないように抑えながら作業できると一番いいんですけどね。

konojirack_08
こんな感じでスノコ板を等間隔に並べて1×4材に固定していきます。

konojirack_09
最後に長い部分を切り落として完成。スノコ板は先にカットしてから固定するよりも、固定した後からカットしたほうが端っこのズレが気にならないのでこの方法で行いました。

konojirack_10
というわけで、以前作ったカウンター収納棚の上にコの字ラックが乗っかっています。ラックの隙間にテーブルで使う小物類、上には加湿器。加湿器は高い位置からシュワシュワとミストが降り注ぐ形になりました。いい。実にいいです。

もう少し高さのあるラックに仕上げる場合は、んー、単純に1×4材繋いで1×8材の大きさにして脚にするかなあ・・と、ぼんやり思いましたが、それはそれでいろいろあるので、その時はまた考えますよ。

ちなみに、スノコ板を接合した後に余った部分を切り落とす時は、このノコギリが便利です。切り口キレイに仕上がりますよ。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました