この春高校生になる子どもにスマホを持たせるわけだけど。

jk_smartphone_debut_00
うちはこんな感じで子どもに持たせるスマホを決めましたという話を少し。

長かった冬も終わり我が家にもやっと春が訪れました。
そして、「高校生になったらスマホを用意してあげよう」と約束していましたので、晴れてうちの娘もスマホデビューを果たしたのでありました。ただし俗にいう格安スマホっていうやつですけども。

中学生の頃は一応docomoの携帯(一部の番号にしか通話できないキッズケータイ)は防犯替わりに持たせていたので2年縛り終わったらauにでもMNP(番号そのままで他者に乗り換え)しようかと当時は考えてたんですけど、結局解約してMVNOに切り替えることにしました。

月額料金が安いのもありますし、au、docomo、softbankあたりで契約するよりも煩わしさもないのであえてそうしたというところもありまして。

スポンサーリンク

初めてのスマホを選ぶまでの流れ。

まず格安スマホ(格安SIM)にするということは、地方だとおいそれと見に行けるショップはほとんどないので、お店に行ってワクワクしながら選ぶ感覚とはちょっと違います。

初めてのスマホくらい自分で選ばせてあげたいところもあったんですけど、まだ何も知識もない状況でどれにすればいいかなんて決められるわけもなく、また、見た目重視で中身ダメなやつを買っちゃうと後悔しか見えません。

その辺は本人も理解していて「初めてなんで母にお任せします」ということだったので私の独断で機種やらSIMやら主要なところは決めました。

まず機種ですけども、端末(スマホ)は一応docomoの機種とかイオンとかビックカメラのとか比較検討はしてみたんですけども、あんまり高いのはムリですし、逆にあんまり使い物にならなそうなのもかわいそうだなと思うわけです。

それにかわいいカバーとかも付けたいだろうしなあということで、ベタですけどお値段もまずまずなAmazonでZenFone2 Laser(ZE500KL)にしました。

人気のある機種なのでそこそこカバーも選べるぽいし、スペックも十分ではないですか。

もっと高くてもオシャレなやつ使いたい、もっといいやつほしいとか、そんなこともそのうち感じると思いますけども、そこはいづれ社会人になったら自分の頭でよく考えて携帯を使ってくれ。そんな気持ちです。iPhone・・?Xperia・・?
それは将来自分で買いたまえ。

jk_smartphone_debut_01
画面は5インチなのでiPhone6よりも大きいくらいで、

jk_smartphone_debut_02
背面は少し湾曲したデザインとなっています。

jk_smartphone_debut_03
色はホワイトを選びましたが、マットな質感でシンプルではあります。

SIMは、楽天モバイルのSMS付きSIMを試しに使ってみることにしました。

最低3年は使うために。

amazonで購入できるZenFone2 Laser(ZE500KL)はバッテリー交換ができる機種です。

スマホはだいたい2年で機種変更を考えざるをえません。中身は問題なくてもバッテリーが持たなくなってきちゃうからです。ですけどバッテリー交換をすればまた続けて2年は使えたりするので、計算上は高校生の間は端末は買い替えせずにいけるかなと。

さすがに5年6年ともたせるのは厳しいと思いますが、バッテリーの費用だけで最低3年は持つなら、相当リーズナブル。

ちなみに交換できるバッテリーはこれ↓

もちろん長く使っているとOSが古すぎて使えないアプリも出てきてしまうので、その辺も機種変したくなる理由にはなるのですが、ZenFone2 Laser(ZE500KL)はAndroid5.0.2ということで、急速な進化でもない限りこれから3年くらいは大丈夫なんじゃないかなあと勝手に予測してます。
数年前のAndroid4.0でも今でも使えてるくらいなので。

使うアプリによっても、新しい機種に替えたくなるかどうかは違ってきますけどね。

メインメモリは2GBとガチでゲームをするなら少々厳しいメモリなのかもしれませんが、2GBでもモンストくらいなら十分動きます。その他のゲームにはあんまり詳しくないんでよくわからないですけども、メモリが大きすぎても電池の減りが早くなるでしょうし、これくらでいいんじゃないかなあと。

メール送ったり、通話したり、LINEとかYoutubeやらの動画とか普通にネットで調べ物する分には全く問題ありません。普通に気持ちよく動きます。

jk_smartphone_debut_04
カメラはアウトカメラで1300万画素。個人的にはスマホならハガキサイズくらいでプリントできる300万画素もあれば充分なんじゃね?と思ってるくらいなのですが、写真撮るのが楽しい年頃なので、まあ記念写真いっぱい撮って楽しんでほしいです。

キレイに撮れるかどうかは、はっきり言ってその時の明るさに左右されますし、露出とかピントがどうとか、ぼかしがどうかっていうのは、後々アプリで解決すればよいと思います。

jk_smartphone_debut_05
こんな感じでざっと触ってみるとなかなか高機能なスマホなんですけども、使うアプリを選んで固定で設定できる簡単モードもついているので、大人が買って子どもに一時的に貸すっていう使い方もできるということでしょうか。
ただし高校生くらいなら普通のモードでも十分使いこなせると思います。子どもも大人も使える大変いい機種です。詳しくはメーカーサイトでご確認を。ていうか、私もほしくなったし。

なんで楽天モバイルにしたのかというと。

最初は楽天モバイルでたまったポイントを機種代にあてて、SIMと端末のセットで契約しようかと思ってたんですけど、どうも楽天のZenFone2 Laserは特殊な仕様らしくバッテリー交換が現段階ではできないっぽいんですよね。確かによくよく見るとamazonで売っているものと楽天に置いているものではバッテリー容量が違います。

なので、端末だけはAmazonで購入したんですけども、SIMはそのまま楽天の「SMS付きSIM」でプランは一番安い月額645円の「ベーシックプラン」を契約しました。

SMS付きなので一応LINEやViberは使えます。しかしながら友だち以外に電話するには少々面倒なこともあるんですけどね。
通話は最初はLINEのみでやってみて、どうしても不都合がでてきたらプラン変更するか別会社も検討してみようということで考えています。

楽天モバイルのデータSIMは最低利用期間の縛りがありません。(通話SIMは12ヶ月使用しないと違約金が9800円発生します)なので、最初は様子見で安い方で使ってみて、具合が悪ければプランの切り替えや他社への乗り換えが容易なところも楽天モバイルにした理由でした。

加えて楽天モバイルがいいなと思ったのは、低速でもデータ通信量の制限なしという点もあります。

ベーシックプランとかかわいそうってなるかもしれませんが、使い方によってはそうでもないんじゃないかと思ってます。ベーシックは通信速度は200kbsと低速ではありますが、データ通信量を気にしなくてもいいのはやっぱりラク。

さすがに常時200Kbsで使うのは動画はしんどいし、友達と写真を送受信するのもきついのでいくら子どもにもたせるとはいえ、それはちょっと考えますよ。

一応自宅ではWi-Fiを飛ばしているので家に帰ってくれば自由にネットは使える状況です。だからといって、異常なまでにスマホに執着するようであればWi-Fiまでも時間制限をかけることになりますけども、それはさておき。

トータルでかかった料金と月額料金。

jk_smartphone_debut_07
楽天モバイルの申し込みは楽天会員だったのもあるのかもしれませんが、非常にわかりやすくシンプルにネットのみで申し込みが完了しました。気を付けることはZenFone2 Laser(ZE500KL)の場合は、SIMはマイクロSIMなので間違えないようにすることぐらいです。
後でメールで「楽天モバイルお申し込み状況ご確認ページ」のアドレスが届きますので、その届いたアドレスから出荷状況とか確認できるようになっています。数日待ってから送られてくる書類は、簡単な説明書きとSIMだけ。

jk_smartphone_debut_06
SIMと端末が届いたらSIMを所定の場所に差し込んで、端末へAPN設定をすればすぐに使えるようになりますが、利用マニュアルはサイトで確認する形なので、こういうのに慣れていない方になると、すでにインターネット環境をもっていないとちょっと大変かも。

それと裏フタを開けるのが一筋縄ではいかないんですよね・・。硬めのカードを使ってちょっとずつずらして隙間を入れていくとすんなり開けられます。この辺の開け方も検索すると出てくるんですけど、紙のマニュアルとか電話サポートがないと心配なタイプの場合はおすすめできないです・・。

最初は事務手数料で3000円かかりますが、基本毎月支払う料金はベーシックプランで月額645円。端末代は一括購入で25,570円。(amazonで買う場合、端末の価格は多少上下します)私は端末は一括払いで購入したのでトータルで、3万もかかっていません。

もちろん楽天モバイルでは端末とSIMをセットで購入するなら、端末代は分割払いも選べますよ。

スマホルールを考える。

スマホを持つか持たないか、どんなものを使うか、どのタイミングでどういった必要性があって持たせるのか、そういったことは各家庭それぞれで考え方が違うので、ルールにこれが正解なんてありません。

スマホを持たせるにあたって、これからどんな風に接していくのがよいのかそこが一番迷いますよね。買ってやるのは簡単ですけど、厳しく親が制限すればいいっていう年頃でもないですし、かといって放置はまずい。

分かってないのに分かっているフリをして、わけのわからないサイトを信用したり、アプリに執着されるのが一番危険ですよね。

基本はさりげなく相談しやすい空気を漂わせておくのがいいかなあと思いつつ、サラッと約束事は決めました。

・朝はちゃんと起きること(夜更かしして学校に遅刻とか論外)

・食事中は一切いじらない。

・勉強中は電源を切るか、通知はオフ。または親に預けておいてもOKよ。

・勝手に課金しないこと。間違ってタップしてしまったらすぐ教えれ。無料でも優良でも新しいアプリやサービスを使いたい時は要相談。信用できるやつか一緒に調べるから、すぐに入れようとしないでちょっと待っとけ。
(そもそもクレジットカード情報は未登録なので、プリペイドでも買わないと課金できないけれど)

・家事は手伝うこと。(そろそろ最低限の家事はこなせるようになってほしいので)

・親の名前で使っていることを忘れないこと(人に貸しちゃだめ)

・調べ物をネットでするのは構わないけど、ネットが全てとは思うなよ(釣られないようになろう)

・画像でもテキストでも動画でも音楽でもパクリは許しません(自分でダウンロードしたものを友達に送るとかダメ)

・歩きスマホやめれ(人に迷惑かかるし、そもそも危ない)

あとはいらないことしてウイルス感染とか、水没や落として画面が割れた時は自分で端末購入してね。とだけです。その他個別案件として、ツイッターとかそういうのもやりたいってなったら、その都度教えていきます。
あれ?厳しいかな?
大人でもマナーそっちのけで使う人も多いので、これを生涯かけて守れというほど重いものではないんですけど、もう子供じゃなくなっていくからこそ知識として知っておいてほしいところもあるのです。

そんな約束も本人承知の上でのスマホデビューとなりました。便利なツールを手に入れたことで、これから良くも悪くもいろんなことを体験すると思います。1人で悩まないようにだけは気をつけて見ていたいですね。

スポンサーリンク

↓なんとなくフォローしてみる。

トップへ戻る