すぐできる。PPシートで作るペントレー。

pp_pentray_00
今更ながらペントレーのありがたみを知って自作しました。軽くて丈夫でコスパのいいペントレーの作り方です。

小物好きのクセに、ついこの間まで「ペントレーなんて机が狭くなるからいらぬ」と思い込んでいたんですけども、考えが一変してやっぱりほしくなりました。

いっぱい筆記具はあるんですけども全部一通り使うわけではなくて、だいたいいつも使う筆記具はある程度固定化していくんですよね。

pp_pentray_01
こんな風にうじゃっと机上台にのせているのが通常の光景で、一応ペンの置き場所はこの位置と決めていてこの一角に置いておくんですけども、これがまたあちこちに転がる転がる・・。

いつも物が少ないならそんなことにはならないのですが、一時的にファイルとかプリントしたやつを机の上に広げたりすると、いざ何か書きこもうとした時に「あれ、ペンどこいった?」と物を寄せて探すことになるんですね。始末ができていない自分が悪いんですけど地味にイライラするんですね・・生理のせいかもしれないですけども。

なんか毎度探すのもだるいし、いつでもスタメンのペンを使いたいっていう気持ちもありますし、そこでひらめきました。そういうことならペントレーを使えばいいじゃないの。

スポンサーリンク

理想的な形をもとめて・・・自作。

別に大それたものをここに求めてませんでした。大きさがちょうどよくて転がらなければそれでいい、みたいな。
そこで早速100均へそれーっと出向いたんですけども、狭い机の上に収まりのいいトレイが見つけられなくてですね。

ネットで探してみるも、サイズがよくて質感もいいなと思ってお値段を見れば、入れるペンの数十倍の価格にビビってすぐにウィンドウを閉じる始末。

・・・もう、作るしかないのか?

pp_pentray_02
物は試しで、ちょうど材料もあったし作ってみましたよ。
やってみたらそれなりの形がすぐに出来上がってしまったので、こんなことなら最初から作ればよかったです。

さすがに木工で作ると道具もそろっていなくて加工が大変すぎるので、PPシートで作ってみたらすぐできました。

pp_pentray_03
展開図はこのようなシンプルな形でいいです。
この形に切り抜いて、折り目の部分は裏側に軽くカッターで切り込みを入れていきます。切り込みは切り落とさない程度に少しでいいですよ。PPシートをきれいに折るためには必要な作業です。

注意点として、少しだけPPシートの厚み分を考えて折り目を付けていくことができれば、すきまを作らずきれいに仕上げることができます。かなり正確な計測をするほど仕上がりがきれいです。

pp_pentray_04
爪をつくって内側に折り込んでのりしろにくっつけるわけですが、接着はポリプロピレン専用の接着剤でないとくっつきません。

pp_pentray_07
ちゃんとコニシボンドの接着剤がダイソーにも売っていますのでPPシートをくっつけるならあったほうがよいです。速乾と書いていますが、30分くらいは固定していないとしっかりくっつきません。手についたらこすってるうちにとれますけどペトペトします。石鹸で洗っても落ちないので、なるべくあちこちにつけないように作業しましょう。

貼り合わせる両面に接着剤を伸ばして塗って、少し乾かし気味にしたところで一気に貼り合わせると結構きれいにくっつきますよ。そのあと洗濯バサミなどを使って接着面が離れないように固定しておきます。

pp_pentray_05
一旦ペンを収納してみたわけですが、このまま使うのも味気ないかと思って

pp_pentray_06
マスキングテープで飾ってみるなど。薄いせいか手作り感にじみ出てます。
薄手のPPシートは加工がしやすいですけど、出来上がりの見栄えがよくなるのは厚手な方がよいのかも?

pp_pentray_10
完成系はこれ。5本のペンが収まっています。少し余裕をもたせて6本分のペンが入るようにしているので、これでサイズは約8×7.5×1.4㎝です。

pp_pentray_08
とりあえずペンと同じくらいの高さで作っているんですが、そうするとこんな風に引き出しにちょこんと入れておくこともできるので、わりと満足してます。PPシートで作ると軽くて丈夫なものができるところがよいですね。

pp_pentray_09
ふむ、まあまあ机の上が片付きました。

PPシートの加工の仕方については過去記事にもありますので気になったら参考にどぞ。

100円ショップに売っているPPシートを扱う時のコツ。
100円ショップに売っているPPシートを扱う時のコツ。
ダイソーに売ってるPP(ポリプロピレン)シートをきれいに切ったり折ったりなどの加工を行う際のポイント。DIYの参考にどぞ。
スポンサーリンク

↓なんとなくフォローしてみる。

関連コンテンツユニット
トップへ戻る