100円ショップのスノコをバラした時の木材のサイズそれぞれ。

sunoko_bara_00
一般的に100均で売られているサイズのスノコをバラした時の木材のサイズです。すのこをバラした後のサイズも知りたいという声がありましたので、自分のメモ代わりとしても書いておこうか思いました。

sunoko_bara_01
自分の作りたい物とイメージが一致していれば既製品をそのまま使えるのが一番いいんですけども、ここがもうちょっとこうなっていればなあ・・なんてことも確かにあるわけです。

そこで、例えば100均のスノコは手に入りやすくて(稀に入荷待ちになっていることもありますけども)なかなかコスパがいい材料ではないですか。薄くて軽くて加工しやすい「桐」という木材を活かして何か作るのも悪くないのであります。一旦バラバラにしてからまた自分で下駄をつけていくとお好みの幅のスノコが作れたりもしますし、別の物に作りかえることもできますしね。

100均すのこのサイズと下駄の外し方。
スノコの下駄を外すときのコツ。100円ショップに売っているスノコのサイズもまとめました。

バラしたときのサイズも自分のメモ代わりになるので、まとめてみました。

スポンサーリンク

【40×25㎝】のすのこをバラした木材のサイズ。

100yen_sunoko_01

・下駄【9×12×250mm】・・・3本

・板【厚さ7×幅40×長さ400mm】・・・4枚

↓一部バラして作ったのがこれ。

デスク周りを広く使うために。100円ショップのスノコを使ってスリムなラック(収納棚)を作りました。
毎日使う机の上をスッキリと使い勝手を良くしたい!そんな願望から、スノコとダイソーの木材を使ってラックをこしらえてみました。

↓下駄は外していないけれど、切ってくっつけて作ったのがこれ。

材料費は420円。100円ショップのスノコでトイレの小物収納棚を作ってみました。
トイレの芳香剤とか、お掃除グッズとか、そういった小物をすっきりさせたくてラックを自作してみました。

【45×20㎝】のすのこをバラした木材のサイズ。

100yen_sunoko_02

・下駄【9×12×200mm】・・・3本

・板【厚さ7×幅31×長さ450mm】・・・4枚

↓バラして板の部分だけを活用して作ったのがこれです。

1×4材とスノコから作る「コの字ラック」の作り方。
ちょっとした小物を収納できるように浅型なコの字型のラックをこしらえました。

【33×37㎝】のすのこをバラした木材のサイズ。

100yen_sunoko_03

・下駄【9×12×370mm】・・・3本

・板【厚さ7×幅31×長さ370mm】・・・5枚

↓これはバラさずそのまま使っています。

材料費1000円くらい。スノコで机の横にA4ファイルも収まる棚の作り方。
これからスノコで棚を作ろうかと考えている方の参考になれば幸いです。

100均のスノコを材料に使う時の注意点。

私の家にあるものを図って載せていますが、サイズは全ておおよその数値です。基本的に下駄の部分は長さは違えど、全部同じ太さですね。100均の木材の性質上、部品が正確なサイズとは限りません。ものによっては1~2mm程の誤差があります。歪んでいるものもあったりしますし。なんというか、そういうものだと思って使うしかありません・・。

バラして使うといってもすべてきれいに外せるとも限りませんし、下駄が強力につきすぎていてうまく外れずに板が割れてしまうことも普通にあります。

もし加工中に必要とする木材がハプニングに見舞われてしまったら、そこはぜひともクールに対応してほしいところ。DIYは「工夫」してなんぼなのであります。100均の材料を使う時は寛容な気持ちが大切なのですよ。

一応スノコを材料と考慮して買う時はよく見比べて買うのはもちろんですけども、少し多めに購入するとか、大きめなサイズを買って自分で計測したサイズで加工するとか、ある程度の誤差は回避できるように材料を用意するのが理想的かと思います。

sunoko_bara_02
ちなみに木材加工で余った材料は、「アフター5の動物たち」(ガチャで入手)の飲み会のテーブルを作るのにもちょうどよいです。余った材料はある程度とっておくと何かしら使えるもんですね。

スポンサーリンク

↓なんとなくフォローしてみる。

関連コンテンツユニット
トップへ戻る