初めてのタブレットにオススメっぽい噂のKindle Fireの8GBは年配の親世代にも使えるのか検討中。

kindlefire_00
思うところがあって、Kindle Fire(第5世代)を購入してみました。フィルムとかケースも揃えたし、せっかくなのでトータルでかかった金額とか使い勝手をお話ししたいと思います。

kindlefire_01
最近、親がタブレットを使ってみたいと興味津々なので何がいいかしばらく見繕っていました。しかし使ってみたいからといって、おいそれと何を買ってもいいというわけにはいかないではないですか。

初めてパソコンやスマホ、タブレットを使うという類の方をなめてはいけません。一般的には考えられないような予期せない事故が起こってしまうものなのです。

よくわかっていないのに余計なところをいじっては動作をおかしくするというのは普通にありますし、濡れた手で触ったり、なんかこぼしたり、落としたり、踏んづけたり、そういうことで壊す可能性は否定はできません。そんな状態でも操作性の他にも扱い方に慣れるまでは安いもので練習する気持ちでいきましょう、という寛大な気持ちいられるのは、このFireタブレットしかないな・・・と思いました。

ですけども、その前に私もKindle Fireは初めて使う身であります。現在使用中のiPadと使い勝手はどう違うのかどんな塩梅か試してみたかったというのがありまして、特性をよく理解してから親へ新しいタブレットを渡そうかなと考えているところです。

スポンサーリンク

今時のKindle Fire事情。

今はプライム会員なら割引で買えるKindle Fireですけども、特に8GBタイプはタブレットでもうこれ以上のコスパはないのではなかろうかという金額を横目に、気にならないわけがありません。通常時に購入しても2016年7月現在は、プライム会員なら4000円引で購入できるので4980円。

普通に買っても十分安いのですぐに飛びつきたくなりますけども、安いのには理由があって、誰でもどこでも使えるタブレットではないので注意が必要です。

・Amazonのアカウントをもっていること。

・自宅にWi-Fi環境があること(ネットは通信料を払ってスマホでしか見ていない、というような状況では使えません)

これらの条件が整っていれば使えるタブレットです。

もし外で持ち出して使うときは家で電子書籍やビデオをダウンロードしておいて、外ではオフラインで使うのが一般的なのではないでしょうか。

タブレットといってもあくまでも「Amazonのサービスを使いやすくする為のタブレット」なので、普通のとは違うことを念頭において使うことがポイントです。

あくまでも基本はAmazonでの買い物がしやすくなるとか、プライムビデオが見やすくなるとか、キンドル本が買いやすくなるとか、そういうタブレットです。

また年会費はかかるものの、プライム会員になれば電子書籍や音楽、またビデオにおいても会員ならではのメリットがあるので、プライム会員なら一層タブレットを使いこなせることになります。プライム会員については過去記事にもありますのでよかったら参考にどぞ。

ついにAmazonプライム会員になってしまった。
ついにAmazonプライム会員になってしまった。
まさか自分が年会費払ってまで会員になるとは。しかし毎日プライム会員の特典使ってるけど楽しいです。

kindlefire_02
Kindle Fireは実際物が物が届いてみると、中身は超簡単な説明書と充電ケーブルくらいが付属品として入っているくらい。サポートないけど安いよっていう、そういうタブレットなんだなっていうのがまざまざと実感させられます。

何か困ったことがあれば、詳しい使い方はタブレットの中のヘルプを見たりネットで検索。世の中にはメーカーよりも詳しくサイトに書いてくれている人がいるのでなんとかなるものです。ありがたや。

kindlefire_03
開封して軽く設定して立ち上げるとわかりますが、すでにAmazonのアカウントが自分の名前で登録された状態で送られてきているのにはビビりました。初期設定は言語選択や自宅のWi-Fiの設定、位置情報をどうするかという確認くらいのもので、迷うポイントはありませんでしたけども、出荷時に一台ずつアカウントに紐付けされてるってすごいですね。

さらに一晩たって朝起きたら勝手にOSがアップデートされていて「Fire OS 5.1.4」になっていました。

kindlefire_04
なお自分のOSを確認するには、設定→端末オプション→システムアップデートの詳細を見ると確認できます。

Fire OS 5.1.4以降のバージョンから電子書籍(Kindle本)をSDカードへ保存できるようになりました。電子書籍をまとめて数冊保存して持ち出してオフラインで読めるのは嬉しいじゃないですか。

加えて「On Deck機能」といって、オススメのビデオが勝手にダウンロードされる機能がついたわけですが、ストレージが多いほどたくさんストックしておけるということになるのかな。ビデオがダウンロードしてあると、ネットが繋がっていない環境でもビデオを見ることができるので、なかなか便利な機能であります。

ただし「On Deck機能」は自動でダウンロードするけど、他のアプリを圧迫することはありません。自分で本や音楽、ビデオをダウンロードしたとしても、自動でダウンロードされたオススメビデオは削除されていく仕組みなっています。

参考:Amazon.co.jp ヘルプ: Fire (第5世代)のソフトウェアアップデート

そもそも使えそうな中身なの?

Kindle FireはそもそもAmazonを使うためのタブレットなので、普通にiPadやandroidタブレットを使う感覚とは少々違います。ネットでおすすめされているアプリを入れまくって使えると思ったら後悔しますので、そこだけは慎重に考えられた方がよいかと。強引にAndroid化せずににそのまま使うなら、本当に限られたことしかできません。

しかし、初めてタブレットを使う人にはむしろそれがいい。余計なものはない方がよいのではと思うのです。

もしウチの親に持たせる場合は、軽くネットで検索して調べ物をしたり、レシピをみたり、孫とメッセージのやりとりをしたいという、それくらいなので・・・

kindlefire_05
ネット検索は標準で入っているSilkブラウザ。


レシピ検索はクックパッド。


メッセージのやりとりはViver。

とりあえずこれくらいあれば十分ではあります。

kindlefire_06
その他のアプリは機能制限でホーム画面に表示させない状態にしたり、パスワードをかけてAmazonで勝手に注文できないようにできたりします。使えるアプリを制限できるっていうのは、かなり便利。

kindlefire_09
強いて言えば、画面が「7インチ」っていうのは年配の方にはちょっと小さいかもと思ったり。やはりキーボードが扱いにくそうかなあと。どうしても入力がうまくできないようなら、音声入力できるアプリをいれるといいかもしれませんけども。

いろいろつけるとどれくらいかかる?

安いけど買ったからには、2~3年は使いたいなあというわけで大事に使うならやっぱりフィルムとかケースはあった方がいいなあとアクセサリ関連も検討したり買い足したりしました。

kindlefire_07
用意したのは保護フィルム。

kindlefire_08
立てかけもできるタイプのケース。

他にも長く使う為に、保険に入るという手もあります。

そんなに多機能に使うタブレットではないので壊れたら新しいものを買ってもいいのかもしれませんが、本当にコスパを追求するなら保険もアリだなと考えています。
お得なのはやはり年間約826円の計算になる3年分のやつ。保険は考え方によりけりですけども、親にタブレットを渡すなら入ろうかなと。

保険を使うと1回だけバッテリー交換が出来たりするみたいですし、バッテリー交換だけでも結構お得な感じします。それに、落下、水漏れも保証してくれるとのことですし、このタブレットを3年使うと考えれば悪くない保険かと思います。
それからKindle Fireを買う時に保険に入るかを選ぶんじゃなくて、買って少しいじってみてから30日以内であれば入ることができるんですよね。急いで決めなくてもいいところがまた好感度高いです。

あとは、メモリーカードをどの容量のものにしようか、悩ましいところ。

「Fire OS 5.1.4」になってから、SDカードに電子書籍を保存できるようになったので、最低でも64GBはほしいなあと思いつつ、検討中であります。・・・タイムセールで安くならないかなー・・と少し待ってみたり。。

結局タブレット本体だけでなく、なんやかんやとアクセサリまで揃えると安いんだか高いんだかわからなくなりますが、私の内訳金額としては以下のようになります。

・Kindle Fire8GB・・・3480円(セールで購入)

・保護フィルム・・・980円
・専用カバー・・・1580円

(↓検討中)
・Fire用事故保証プラン(3年・落下・水濡れ等の保証付き)・・・2480円
・MicroSDカード 64GB・・・3980円

・・・しめて、12,500円。

あとは、プライム会員費年額3900円の支払いが発生しているので、これを3年使うと仮定すると、

(11700円/プライム会員費3年) +(12500円/Kindle Fire 8GB一式)=24200円/3年便利に使うために発生する金額

これを1年分で計算すると、約8066円でKindle Fireを使う計算になります。さらに細かく月計算すると、月額約672円。

ふむ。

もちろん自宅で使っているインターネット回線やプロバイダーの料金も発生しているわけですが、下手にスマホを使うよりはいいかもしれない。一応保険をつけて3年使うならいい練習台になるタブレットだと思います。

私としては今のところ、初めてのタブレットにKindle Fireの8GBは親世代にも十分アリのような気がしてます。

スポンサーリンク

↓なんとなくフォローしてみる。

関連コンテンツユニット
トップへ戻る