メモ帳カバーで普通のメモ帳を手帳っぽく使うススメ。

systemic_a7_00
コクヨのカバーノート、SYSTEMIC(システミック)にA7サイズのメモ帳カバーがあるので使ってみることにしました。このサイズで2冊収容なんてちょっと珍しい文房具かも。メモの持ち出しに困っている方はカバーを使うことを検討してみてはいかがでしょうか。

systemic_a7_01
買ったのは、コクヨの2冊収容できるタイプのA7サイズのメモ帳カバー、システミックのシリーズのひとつです。

メーカーサイト:SYSTEMIC[システミック]|商品情報|コクヨ ステーショナリー
リングメモタイプ|SYSTEMIC[システミック]|商品情報|コクヨ ステーショナリー

これまでも同じシリーズのカバーノートを使っていてかなり気に入っていたんですが、もしかしてメモ帳カバーもいけるんじゃないかと、なんかピンときたんですよね。

今まで使っていたのはA5サイズのノートを2冊収容できるタイプ。

コクヨのカバーノートがシンプルでありながら思いのほか機能的で感動してます。
コクヨのカバーノートがシンプルでありながら思いのほか機能的で感動してます。
コクヨの2冊収納できるカバーノート、システミックの購入レポです。
スポンサーリンク

メモ帳にカバーをつけるといろんなことが解決する。

systemic_a7_04
最近使い始めたのは、これよりも小さいA7サイズのメモ帳が2冊セットできるタイプのメモ帳カバーです。

systemic_a7_02
メモ帳にカバーをつけるメリットは、表紙を気にせず何でも外で使えるようになること。さらにカバーにはペンホルダーがついているので好きな筆記具をメモ帳と一緒に持ち歩けるようになることです。

systemic_a7_03
デメリットは、カバーの大きさと厚みの分だけメモ帳単独で持ち歩くよりもちょっとゴツさが生まれてしまうことでしょうか。もうちょっと薄くてスリムならポケットにも入れられると思うんですけども、多少厚みのあるメモ帳もセットできることを思うと仕方がないかなあ。

一応A7サイズでポケットに収まるようなもっとスリムなタイプを望むなら「システミック アクティブ」というものもあります。薄いのが魅力的で迷ったんですけど、こっちは縦型のリングメモは使えなさそうだったので、今回はやめました。

systemic_a7_05
アクティブじゃない方のメモカバーは、縦型のメモ帳をセットできる作りになっています。左にリング式メモ、右に剥がせるタイプのパッド式のメモ帳をセットするのが基本的な使い方かと思います。もちろん左右逆にセットしても使えるんですけども、リング式のメモ帳に関しては左側の方に挟んだ方が圧倒的に使いやすくなります。

systemic_a7_06
リングメモは、この黒いケースみたいなものにポケットがあるのでそこへ表紙の硬い部分を差し込んで使います。これがまたすごくよくできてるんですよ。

systemic_a7_07
こうして、メモ帳をカバーにセットした状態のままでページ送りができるので、新しいページを出した状態でそのままカバーを閉じておくことができます。

systemic_a7_08
新規ページを出したままで仕舞うことができれば、メモを取るたびに新しいページを探すことなくいつでもすぐに書き込みができるんですよね。

カバーをつけていなくても普通にリングメモを折り返してそのままカバンやポケットにしまうことも可能ですが、表紙を閉じないと中のページがめくれたり折れたりしてしまいます。ですけど、カバーをつけることで好きなページを開いた状態をきれいに保ったまま持ち歩くことができるようになるのです。

このカバーをつけるとリングメモを外で使う煩わしさが解消されるわけで、この仕様には思わず溜息がもれました。

systemic_a7_09
リング式メモ帳を挟んでいるものは取り外しできるようになっていて、一緒にクリアファイル的なものが両面についています。小物や切り離したメモ用紙をちょっと挟めておけるんですね。もちろん外してメモパッド単体だけを挟んで使うこともできます。1冊でも2冊でも自分に合った使い方ができるところが、システミックの良いところな気がしてます。

systemic_a7_10
私は最初から2冊セットしてメモパッドを右側に挟めるようにするつもりで購入しました。メモパッドはカバーと一緒についてくるわけではないのでつけるなら自分で用意することになります。実際はめてみると、できれば表紙に厚みがあるものを使う方がセットしやすいなあという実感です。

systemic_a7_11
表の表紙を折り込んで挟みこむ形にすると収まりがいいですよ。コクヨ キャンパスノート 方眼罫のメモパッドが丁度よく収まってます。少々厚みがでますけども。もしかしたらロディアのメモ帳でもはまるかな?
カバーにはまるサイズは120×74mmまでとなっています。別売りのCamiAppのメモ帳は同じメーカーだけどA6サイズのカバーは使えるけれど、A7サイズのカバーにはセットできないようです。

systemic_a7_12
こうして2冊合わせてセットしても、カバーをつけたままの状態で2つ並べて机に置いておけるところもいいです。ピラピラしているポケットファイルは、メモパッドの下に入れると邪魔になりません。

systemic_a7_13
これを持ち出すときは、リングノート側をメモパッドの方へ倒し、2冊重ねるようにしてカバーの蓋をとじればすぐに持ち出せる形になります。

systemic_a7_14
メモ類の厚みは合計13mmまでにしてくださいと注意書きがあるにも関わらず、試しに強引に普段使いのメモ帳をセットしてみましたが・・2冊合わせると文庫本かよ!とつっこみたくなるくらいの厚みになりました。

付属でついてきたエッジタイトルのメモ帳(50枚)とCampus方眼罫のメモパッド(70枚)を合わせると2.5㎝くらいの厚み。これでもメモパッドは数枚使った状態なので、新品だともうちょっと厚みが出ちゃうかも。使うほどにだんだん薄くはなっていくんですけどね。多少厚くても挟めますけども、形に無理が生じるのは自己責任になります。

systemic_a7_15
小さいけど収納力がある点も実用的です。メモ帳が2冊セットできる他に、名刺などのカードサイズのものを収納できるポケットと合わせて3か所あるのは結構うれしいです。内ポケットに関してはカードケースには収まりきらないような大きさのカード(ラミネートされている物など)でも収まってしまう余裕のあるポケットです。他にもクリアポケットも活用できるので、収納に関しては申し分なしですね。

systemic_a7_16
ペンホルダーは太目のゴムが縫い付けられているんですが、伸縮性があるので多色ペンでも使えます。
ただ、普通のペンを使うとメモ帳カバーの幅が広くなってしまうので、ますますポケットに入れるような大きさにはなりません。大きさにこだわりがある場合はくれぐれも注意が必要です。

systemic_a7_17
一応ペンホルダーを使わないで、手帳用の細いペンをカバーの表紙ポケットに差し込んで使う、という手もありますけどね。書きやすさを求めるのか、コンパクトを求めるのか。悩ましいですねえ。

手帳にメモ帳に携帯用に。細くて軽くて小さいけど質感のよいボールペン3つ。
手帳にメモ帳に携帯用に。細くて軽くて小さいけど質感のよいボールペン3つ。
細いペンホルダーやポケットに入れる邪魔にならないペンをお探しの方へ。俗にいう「手帳用ボールペン」といわれている小さなボールペンを求めて、つい...

systemic_a7_18
鞄に入れている時に勝手に開かないように留めておけるゴムバンドもついています。ちょっと硬いゴムバンドで、伸びてきてしまったら替えが効かない作りなんですけども伸びたら伸びたで切っちゃおうかなとは思ってます。

一緒についていくるメモ帳がなかなか良い。

付属でついてくるメモ帳は、エッジタイトルというシリーズのメモ帳です。
ページの隅に日付やタイトル、そしてマーカーで色をつけるスペースが用意されているので、メモの管理が大変やりやすくなりそうです。

systemic_a7_20
このメモ帳、真ん中にミシン目が入ってるので切り離して使えるのですよ。
今のリングメモも確かローソンで買ったコクヨのリングメモなんですけども、これがなくなったらエッジタイトルに乗り換えようかな。

systemic_a7_19
あまり人に見せるようなものじゃないんですけども、現在使っている私のメモ帳の1ページはこんなことになっているのであります。書いた内容をまた書き移すのが面倒で、そのまま部分的に切り取ってノートに貼るからこうなるのですよ。こんな私としてはミシン目付きのメモ帳に感謝したいです。

メモ帳を2つも何に使うの?

もともと私は机に2つ、A7サイズのメモ帳を置いていました。

systemic_a7_21
ひとつはTODOリストを記入するメモパッド。もうひとつはリング式のメモ帳。この2つは隣り合わせて配置していて、常に目に止まり、書き込める場所に置いています。

何も2つ置かなくても内容をまとめて1個のメモ帳で済ませればよさそうなものですけど、右のTODOリストはほぼ毎日内容が変わるので1日1枚。一方、左のメモ帳はなんでもメモを書き留めておくものなのでページの進み方に規則性はありません。右と左ではページの進み方が違うので、ノートじゃうまくいかないのです。だから、2つ使っています。

メモ帳が手帳っぽくなる。

TODOリストに書かれていることはしょっちゅう見えるようにしておきたいんですけども、机の上で完結するとも限らないので、外に出る時もメモ帳を持っていきたいとは常々思っていました。でも普通にそのまま持ち出すと筆記具をどこに収めるか、カバンのどこに入れると取り出しやすいかとか、なんとなく面倒くささもあるんですよ。

バッグインバッグを活用しても出し入れの度にだんだんヨレてくるし、メモ帳とセットで筆記具がすぐに出せないのもまた困るわけです。細かいことなんですけども、出先でメモ帳を使う時の動線って結構重要なんですよね。

そこで「メモ帳カバー」を使うことで2冊持ち出す手間が一気に楽になり、他のメモや名刺などもまとめることができて、おかげでいろんな忘れ物を減らすことができました。一般的な手帳とは違う形をしたものですが、収納力あるカバーをつけることでちょっとした手帳みたいに使えるんだなあと小さな発見をした気分です。メモ帳カバー、おすすめですよ。

スポンサーリンク

↓なんとなくフォローしてみる。

関連コンテンツユニット
トップへ戻る