ゲルインクボールペンの限定デザイン、ネコ柄エナージェルに一目惚れしました。

neko_energel_00
ぺんてるのボールペン、ノック式エナージェルの限定デザイン、ネコ柄を衝動買いしてしまいました。

neko_energel_01
限定って言われると弱いところもあるんですが、ネットでこのデザインを見かけてから、これは欲しい!とずっと思っていまして、やっと買えて大満足してます。

スポンサーリンク

エナージェルの素晴らしさを語る。

neko_energel_02
もともとエナージェルのボールペンが好きだったんです。デザインはだいぶシブめで事務的要素が強いボールペンなんですけれども、私の中ではゲルインキボールペンの中でダントツの滑らかな書き心地なのです。

neko_energel_03
ゲルインキボールペンはある程度決まった角度というか、なるべく立てた形で書き込まないと一定の線の太さが出せなかったりすることがあるんですが、エナージェルは少し角度がついていても軽くて滑らか、そして濃くてハッキリとしたラインで文字が書けます。自分の持ち方に合っているせいなのか、ペンを使っていても疲れにくい。そしてなぜか油性ボールペンよりも整った字が書けます。タッチが柔らかくなるからかな。なので、ちょっとした手書きの手紙を添えるときはエナージェルを使う機会が多いです。

neko_energel_04
ちょっと前までは0.5と0.7しか太さは選べなかったんですが、今では0.3、0.4、0.5、0.7と選べるようになっていまして、益々使い勝手がよくなりました。ありがたや。

インクの減りがわかるタイプの低価格のボールペン(ボディが透明になっているやつ)よりは若干高めではあるんですが、ボディがしっかりとした作りになっているので替芯を取り替えて長期間使うことができます。どうしてもラバー付きのペンはヘビーに使っているとラバー部分が緩んできたりするんですけども、エナージェルはまず壊れたことはありません。クリップも折れないですし、200円でこの丈夫さは安いくらい。

ただし濡れるとにじんでしまうので、外で使うなら油性ボールペンのジェットストリーム(無くしても痛手にならない安いやつ)を選んでいるんですが、エナージェルは室内で急いでメモをとるような場所では書いている時のカチャカチャした音もでないですし、軽いタッチで書けるのでとても使いやすいのです。

neko_energel_05
使いやすいのは黒に限った話ではありません。校正入れる時の赤ペンは、エナージェルが至高。インクの濃さといい、すぐに書き込める感じといい、うっかりペン先を出したままにしていてもちゃんとすぐに使えますし、私には手放せないものになっています。欲をいえば、もう少し乾きが早いといいかなあとは思ってるんですけどもね。

オシャレなタイプが出てくれて嬉しい。

エナージェルの書きやすさは最高とべた褒めしてますけども、ペンはこれ一択、というわけにはいかない理由もあります。

・インクの減りが早い。
濃くてハッキリ書けるせいか、他のゲルインキボールペンよりもなくなるのが早い気がします。替芯は80円で買えるからいいんですけども。

・デザインがどうも好みではない。

・インクが水性染料。
書いた後にうっかり濡らしちゃうと線が滲みます。なので宛名書きにはむきません。年賀状に何か書き添える時にもむきません。

濡れても大丈夫なことを考えると「水性顔料」か「油性タイプ」を選ぶと解決するんですけども、似たような筆跡になるのは、同じくぺんてるから出ている「ハイパーG」の方は水性顔料なのでそっちを使うか、または、ゼブラから出ているSARASA、パイロットから出ているjuice、三菱uniのシグノも水性顔料インクなのでにじみにくいのでこれらを使うことになります。

使いどころを選べば、インクが減るとか濡れるとにじむとかは我慢できるんですけども、デザインだけはもうちょっとなんとか・・・とずっと思っていたわけで、新しいデザインが出てくれて本当に嬉しいのであります。

neko_energel_07
限定デザインのエナージェルのなんとオシャレな!
あまりにラブリーだったり、キャラ色強いデザインであれば買うことはなかったんですけども、色合いもシックで、どストライク。

ノック式エナージェル限定ネコ柄|特集|ぺんてる株式会社
ボールペン、シャープペン、くれよん、絵の具、マーカー、修正具などの文具メーカーぺんてる株式会社。商品情報やおすすめ情報を提供しています。

ネコ柄をイメージした幾何学的な模様とのことですけども、これが猫かどうかはともかく、どれも素敵で迷ってしまいました。こういった大人でも使いやすいシャレたデザインのボールペンはなかなか発売されないので、大変うれしいです。

しかも普通は売れ筋の0.5や0.7のみ限定販売したりするんですけども、細字の0.3と0.5から選ばせてくれるというなんと粋な心意気よ。これってぜひとも手帳に使ってくれってことですよね。

0.3のエナージェルなら紙の薄いEDiTでも使えますし、これはもう来年の手帳に使う主力のペンに確定となりました

neko_energel_08
全色欲しかったけど、そんなにたくさんあってもアレなのでよーく吟味して、ミケとハチワレの2本を買いましたけども、いいよいいよ、どっちもステキ!

こんなモダンな感じのデザインのボールペンがどんどん増えるといいなあと思いました。

手帳に使うならエナージェルをセットできるカスタマイズペンも。

neko_energel_09
ぺんてるには複数の自分好みの色をセットできる「アイプラス」というカスタマイズペンがあります。セットできるペンはスリッチとエナージェルなんですが、エナージェルは0.5しか選べないんですよね。細字ならスリッチ使ってね、っていうことなのかな。こっちにも0.3のエナージェルが入らないかなーと、密かに願っております。

スポンサーリンク

↓なんとなくフォローしてみる。

トップへ戻る