とっても薄いA5のクリアブックがあってくれてよかった。


ファイルは収納力が全てではありません。軽くて携帯しやすい大きさと厚さの物が嬉しい時もあるのであります。

おすすめは透明のポケットがファイルになっているコレクトのクリアブック。

ありそうでない、この薄さ。しかもA5(210×148mm)。ポケットは全部で10ポケットついてます。

余計なものは一切ありません。邪魔にならない薄さと軽さが有難いのであります。

スポンサーリンク

何に使うのかというと・・・

普通はファイルは本棚やデスク脇に立てて収納しておくので、ラベルがつけられる背表紙が必須になりますけども、こんなペラペラなファイルの方がいい場合もあるんですよ。そんなうっすいファイルをどこで使うのか。


それはカバーノートに挟んでおくのであります。

ノートパッドで書いたメモや領収書なんかをカバーノートのポケットを使う場合もありますけども、資料の種類が増えると重ねて入れておくとわかりにくいので、小分けにできるものを探していました。「透明ポケットファイル」ですね。

他で書いたものを挟めておくための、視認性のある大きめなポケットが欲しいなって時があるんですよね。そんな時にありがたいファイルです。

クリアブックがどんなモノなのかって、そこはお馴染み商品かと思いますので説明は割愛させていただきますけども、特徴は只々「薄い」。それだけです。その薄さのおかげで、いつものカバーノートに合体して使えるんですよね。


クリアブックを挟んだままでもカバーノートを違和感なくキレイに閉じられます。うーん、すごくいい。


リングノート用のカバーにも間に挟めても、


きれいに収まります。

ポケットはちゃんとしてます。

非常にシンプルで単純な作りのファイルですけれども、ポケットのフィルムは割と丈夫です。


表紙は薄いですけども、ポケット自体はそこそこ厚みがあってすぐに破れてしまうような感覚はありません。


ポケットは内側に切れ込みが入っていて、


入れるのは常に右側のページからと決まっています。サイドオープン式。


めくった時に次ページでも見えるように入れるなら、ページの後ろから入れることになりますね。

上部から入れるタイプの方が迷わないんですけども、内側から入れる方が閉じていれば中身が上部から落ちることがないですからね。これでいいような気もします。

ただしポケットがサラサラしていて滑りがいいのですよ。入れやすくていいんですが、開く時に気をつけないと小さいものだと滑り落ちます。入れる向きは慣れるしかないですね。


単独で使うなら好きなノートカバーに挟めるっていうのもアリですね。厚みが足りないので、場合によっては少しカットするなりして手を加える必要がありますが。1冊収容タイプのカバーでも、クリアブックと合わせて2冊収容っぽくできたりします。透明のカバーが嫌なら、ノートカバーを合わせて使うとよいかと。


ちなみに写真は無印のノートカバーですがピッタリと収まりました。はまるかどうかは使うカバーにもよりますが、表紙が薄いので加工はしやすいですよ。


※拡大してみる
コレクトのシリーズは薄くて便利なサイズがそろっているので助かります。

薄いといろんな場面でサブ的に使えるファイルになりますよね。テーマごとに分別したり、持ち出しもラクになりますし、はっきり言ってすごくいいクリアブックだと思うんですが、便利なのにお店であんまり売っていないのが残念なんですけども・・・

他にもチケットサイズのクリアブックをキングジムのオレッタに挟んで持ち歩いてます。

数種類のハガキやクーポン、チケットサイズの小物類を整理していい感じに持ち歩く方法。
オレッタは薄くてかさばらないので小さめなバッグでも使いやすいところがポイント。加工するとコンパクトなのに結構いろいろ入れて持ち歩けるようにで...

ところで関係ないですけど、クリアファイルとクリアポケットファイル、クリアケースとクリアブック・・・っていろいろありますけど、どれがどっちだったか一瞬迷いませんか?クリアじゃなくてクリヤーっていう場合もありますよね。メーカーによって違うんだと思いますが・・

ケースなのかブックなのか、はたまたファイルなのか。よくよく考えるとわかるんですけど、なんか紛らわしいんですよね・・私だけ?

スポンサーリンク

↓なんとなくフォローしてみる。

関連コンテンツユニット
トップへ戻る