食器洗いや洗濯で洗剤を使わなくてもキレイに洗う方法があるのか考えてみました。


洗剤ナシでも優しく汚れを落とす方法について、今までやったことがある方法でお話ししてみたいと思います。試すかどうかはお好みでどぞ。

「ナチュラルなもので食器洗いや洗濯をしたいんだけど、何かいい方法はないかな?」

といった質問をメールでいただきまして、長くなるので記事にさせていただきました。

私は特に自然派素材にこだわっていることはなく、普段は市販の洗剤をバリバリ使っているんですが、稀に洗剤をうっかり切らしてしまった時でも無きゃ無いなりになんとかなるという精神のもとに生きています。そんな私の話が参考になるかなんともいえませんけども、興味があれば読んでみてください。

スポンサーリンク

食器洗いをする流れについて。

洗剤を使わずとも軽い汚れなら落ちますけども、気になる一番の汚れは「油汚れ」ですよね。

例えば肉や魚、調理時に使うオイルなどの油汚れがついたものを洗う場合。肉から出る動物性の油は冷えると固まるので特にしぶといです。高圧な水圧で吹き飛ばすとかできれば楽勝なんですけども、一般家庭でそんなマシーンを使うのか、使うとすれば食洗器かなと思いますけども、そこはちょっと主旨がズレちゃうので、今回はあくまでも手洗いでどうするのかっていう話をします。

しかしそんな汚れを洗剤なしでも落とせるのか。そこは、ちょっとした工夫でなんとかなる場合もあります。

使った食器は重ねない。

まず、汚す範囲はできるだけ最小限にとどめます。
洗い物が手間取るかどうかは、食べ終わった直後から分かれ道になります。

食器を重ねてしまうと、本来は汚れていない皿の裏まで汚してしまいますからね。そうすると本来は、裏面は軽く洗うだけでよかったのに皿全面を丁寧に隅々までこすらなくてはいけなくなってしまいます。

皿や茶碗の底(高台)に油汚れがベットリつくと、とにかく取るのが大変になります。つけなくていい汚れはつけない。これ鉄則。

汚れはふき取ってから。

食器を重ねずに流しまで持ってきたら、今度はベットリついた汚れをいらない新聞紙やキッチンペーパーである程度ふき取ります。乾く前にふき取れるとよいですが、乾いてしまってなかなかふき取れない時もあるでしょう。

そんな時は、水やお湯につけてからとってもいいですけども、重層水、またはセスキ炭酸ソーダ水を吹きかけると油の取れ具合が違います。

重層水については後述しますが、セスキ炭酸ソーダ水は水によく溶けるので作っておくのもあんまり苦になりませんよ。

衝撃。セスキ炭酸ソーダ水を使った掃除がお手軽すぎます。
セスキ炭酸ソーダがこんなにスゴイやつだったとは。始めて使ってみたんですが、あまりに使いやすくて動揺してます。

油まみれのものをいきなり水につけると他の物にも汚れが移りますからね。汚れは洗う時も極力広げないようにします。

よく落ちるスポンジやタワシを使う

使うスポンジも何気に重要です。洗剤を使うならナイロンスポンジは泡立ちがいいので汚れが落ちますが、洗剤をあまり使いたくない場合は、ナイロンスポンジはおすすめしません。

アクリル製の毛糸で編みこんだアクリルタワシあたりもいいですけども、

上記のような「水だけで汚れが落ちる」ということをうたっているスポンジを使うのもよいですよ。

ただし、時間がたった曇り汚れなどは落ちにくいので、鍋やガラスなどをこする時は、劇落ちくんのようなメラミンスポンジを使うのが効果的です。

洗う順番を考える。

洗い物の順番も気を付けましょう。
基本は油汚れのついていないものから洗っていきます。

例:
グラスなどのあまり油汚れのついていないもの。

ご飯しかついていない茶碗(場合によっては乾かないように先に水につけておく)

みそ汁などのこびりつきのない汁物を入れたもの。

おかず類を入れた小鉢、小皿

メインのコッテリした汚れのついた食器

油汚れのついた鍋、フライパン

料理の内容によって順番通りにやってやれないこともありますけども、スポンジ自体も最初からあまり汚さないようにして洗っていくのが基本です。

慣れないうちは手あたり次第洗っていきたくなりますが、この辺を気を付ける癖がついてくると洗剤を使っていたとしても、洗剤があまり減らなくなります。使う水も減ります。何気に節約につながるというメリットがついてきます。

調理時に出る捨てるものを使う

洗い物をする時に、あまり洗剤を使いたくないという時は、米のとぎ汁、野菜のゆで汁を使うなどの方法はあります。

野菜のゆで汁は野菜から出るアクが洗剤みたいな役割を果たすらしいですが、実際ゆで汁の中でこすり洗いするとドロドロの油汚れでない限りは落ちるんですよね。

↓昔は灰汁で洗い物をするという方法もありました。(参考リンクを貼っておきます)

石鹸や洗剤がなかったころの洗浄剤 – 石鹸百科

今はなき祖母がやっていたのを見てましたが、しかし灰汁はかまどを使わない現代ではさすがに簡単に入るものでもないですし、洗い場が汚れるのでやらないですけども、ゆで汁やとぎ汁などはアウトドアの時などは、そういった方法で汚れを落とすこともあります。こびりついた汚れには卵の殻をこすりつけるとか、そんな話もありますよね。

とぎ汁もゆで汁も保存がきくようなものではないので、これをいつも洗剤替わりに使うのは厳しいものがあるわけで、非常事態以外はおすすめしませんが憶えておくと役に立つかもしれません。

重層を使う。

汚れを落とすなら重層水を使うのも手です。

重層は山菜のアクとりやふくらし粉代わりに使うこともあるわけで、安心して使える物のひとつなのではないでしょうか。掃除用と食品用と種類があるので、気になる場合は食品でも使えるタイプのものを用意するとよいですね。

重層は水では溶けにくいのでお湯で溶かした重層水を桶にいれていいスポンジでこすると油汚れがまあまあ落ちます。

重曹水の作り方 / プロが教えるお掃除術|リンナイ公式部品販売サイト R.STYLE(リンナイスタイル)

あとは冷たい水よりは、お湯で洗うとなお汚れが落ちやすいです。でも、あまり熱いお湯で食器洗いをすると手荒れがひどくなるのでほどほどに。

重層はそのまま振りかけてこすればクレンザー代わりに使えます。湯呑についた茶渋なんてちょっと振りかけて指でこするだけで余裕ですぐに落ちますよ。

つかう調理器具、食器類の素材を選ぶ。

そもそも使う食器類はガラスや瀬戸物を常用する・・という考え方もあります。プラ素材やメラミンなどの食器類は洗剤を使わないとスッキリと油汚れを取るのが大変ですからね。表面が柔らかく傷がつきやすい分、汚れも入りこみやすいのではないかと。

鍋やフライパンは、汚れがこびりつきにくい加工がされたものを選ぶのもひとつでしょうか。

弁当は、おかずを入れる時にカップをつかう。タッパなどはガラス製。ですがフタ部分がプラ素材の場合は、フタにべっとり汚れがつかないようにラップをしてからフタを閉めるようにするとか。

ゴミは多少増えますけども、洗い物はだいぶラクになって節水にも一応なります。

洗濯について。

洗濯については、ナチュラルなものを使ったことがないので、正直どうするのがいいかわかりません。

一応合成洗剤でなければ、重層、セスキ炭酸ソーダ(洗剤替わり)、過炭酸ナトリウム(漂白)、クエン酸(柔軟剤替わり)で洗う方法はあります。どれも台所でも使えるものですし、粉末のものを使う分だけ水に溶かして使うものなので、コスト的にもオススメです。

そのタオルが匂うなら、クエン酸洗濯はぜひやってみるべき。
あの生渇きのニオイをとるお洗濯方法。はっきりいってオススメです。
普通に洗濯しても取れない、あのニオイを気持ちよく落とす方法。
生乾き臭の上手な取り除き方。今までいろいろやりましたけど、このやり方が一番失敗も少なく、強力ななんじゃないかなと思います。知ってて損無し...

クエン酸の代わりに酢でもいけそうですけども、そこは試したことがないのでなんともいえません・・・。

あとは私は洗濯石鹸をよく使いますけども、その辺は使い心地の好みもあるかと思います。

襟袖、靴下、化粧品、食べこぼしなどなど、繊維についた汚れは、食器のようにはサッと落とせないので悩ましいですよね。
部分汚れはは石鹸が万能だなあとは思います。

白いシャツだからって安易にハイター(漂白剤)を使ってはいけない。
うっかり真っ白なシャツを塩素系漂白剤で赤く染めてしまいました。赤くなった原因と、もとに戻す方法を書いています。

重層、セスキ炭酸ソーダ、過炭酸ナトリウム、クエン酸、どれも粉末上になっているので、これをナチュラルと言っていいのか微妙な気もしますけども、気になる場合は、口に入れても大丈夫な重層とクエン酸を重点的に使用されると安心かも。

洗剤を選ぶよりも洗い方を考えるだけでも違う。

食器洗いや洗濯はとても身近なことです。なので使う洗剤を選ぶとか、洗い方にこだわるというのはとても自然なことだと思います。

食器洗いは、重層や汚れ落ちのいいスポンジを使うことで汚れは落ちますけども、スポンジのお手入れがちょっと手間がかかるイメージでしょうか。洗い桶も必要です。重層水も作り置きはできないので、その都度作る手間がかかります。でも、使い心地は優しい。

油汚れに強い食器用の中性洗剤を使うと手荒れが気になったりもしますけども、いつでもサッと泡立ててキッチン用品に分け隔てなく万能に使える手軽さがあります。

洗浄力が強すぎるのが気になる、洗剤を使いにくい環境(アウトドア)である、または肌荒れがしやすい・・といった状況もあったりします。どちらも一長一短ありますけども、どっちが正しいということではなくて使い分けができるとどんな時でも対応できるのではないでしょうか。

いづれにせよ、洗い物の前についた汚れをふき取るなどのひと手間で洗いやすさは違ってきますので、この辺はおすすめしたいです。
洗う順番をちょっと工夫するだけでも、あまり洗剤に頼らない洗い方ができますよ。

スポンサーリンク

↓なんとなくフォローしてみる。

関連コンテンツユニット
トップへ戻る