いつもの水切りカゴにプラスして使える「小物用水切り」を100均で。


100円ショップのキャンドゥで「小物用水切り」っていうのを見つけたので買ってみました。


うちにある水切りカゴで使えるか半信半疑ながらも使ってみたら「あ、これいいわ」ってなりまして。
タンブラーを使う人とかは、便利なんじゃないかなあと思います。おすすめしたいです。

スポンサーリンク

ちょっとしたカスタマイズ。

「小物用水切り」は水切りカゴにセットして使います。


付け方が難しいなんてことはないです。付属のフックを取り付けてカゴの好きな位置に引っ掛けるだけ。
小物用水切りカゴの大きさは、約12×8cm ×〈深さ〉8cm。フックは2つ入っているので、引っ掛けた時はちゃんと安定します。

これで何を入れるのかというと、


タンプラーのキャップ部分とか、


小さめのスプーンとか


紅茶のストレーナーとか


ポーラーやキャップなどなど。

そのまま水切りカゴに置くと下に落ちやすいし、箸立てだと深すぎて塩梅がよくない、そんな微妙な大きさの小物を置く時に便利なのが「小物用水切り」です。
小さいものが水切りカゴの中で迷子にならないための物でもありますね。


縁に引っ掛けてるから底が浮いているところがいいんですよ。底がついちゃうと乾きにくくなるんですけど、このおかげでいつもサラッとしてるっていう。

どんなカゴでも使える?

こればっかりは水切りかごはいろんなタイプがあるので、実際にセットしてみないとわからないんですけど、参考までにお話するとダイソーで売ってる200円の水切りカゴでも使えてます。
いい加減ちゃんとしたの買えばいいのにと自分でも思ってるんですけどねえ・・。トレイと合わせても確か300~400円くらいで買えちゃうセットであります。

私の使ってるやつは縁の幅が、18mmなんですけど余裕で収まってますね。
フックを少し開けば20mmでもつけられそう。

ワイヤータイプの水切りカゴならもっと縁は細いので問題なく使えると思います。

▼こういうやつ。

私はカゴの内側にセットしてますけども、外側にセットすることも可能です。好きな位置でつけられるのが助かります。

小物の行き場にお困りの方へ。

まあ、今までこういうのついてなくてもどうにかやってきたので、無きゃ無くてもなんとかなるんですけど、あればあったで、なんかこう気がラクですね。

洗い物をしながら小物が水切りカゴの奥深くに転がっていってしまうこともなくなりました。タンブラーのパッキンとか大変じゃないですか。シリコンの弁当カップとかもね。
鍋や皿などの大きめな器類だけササッと拭いてしまって、小物類は「小物用水切り」にそのまま乾かしておけるようになりました。ちまちま細かい物に手こずらなくなったせいか若干片付けも早くなったかなーって思います。


一応パッケージに使い方の写真もついてます。
私はキャンドゥで見つけましたけど、もし他のお店でも見つけたら使ってみてください。100円で地味に便利なので。

スポンサーリンク

↓なんとなくフォローしてみる。

関連コンテンツユニット
トップへ戻る