100均で買える汎用性の高いハンガーグッズ3つ。


洗濯物を早く乾かすために買いそろえてみたグッズの紹介です。狭い場所でも使いやすいサブ道具という感じでしょうか。


普段は定番の角型ピンチとかハンガーを使って洗濯物を干しています。
でも干すスペースが限られているために、洗濯物が多い日は四苦八苦してたりするんですけども、100均のグッズがなかなか使えるなあと思った次第であります。

スポンサーリンク

段差がけフック(セリア)

まず一つ目。


パッケージの写真を取り忘れてしまったんですけども、セリアで見つけた「段差がけフック」というもの。下の空間が開いている場合に活かせる代物です。
段差がけフック単体で使うのではなく、手持ちのハンガーと合わせて使うことになります。

使い方は見ての通り。


段差がけフックをポールに引っ掛けてからハンガーを引っ掛ける。そうすると段差を作って洗濯物を干すことができるんですね。


2つ連結すると更に下ずらしてかけることができ、3つ繋げると更に・・・・って限度ありますけども。

ハンガーをそのまま使った状態でちょっと位置をずらしてかけられます。同じ高さで洗濯物を並べるよりも、少しずらして並べると風が通って乾きやすくなりますからね。

私は室内の洗濯物干しで使ってますけど、クローゼットの収納でもスペース節約になります。というか、本来クローゼットで使うものなのかも。

プラスチックズボンハンガー3段(ダイソー)

2つ目。


「ズボンハンガー」ってなんとなく昭和な響き感がしますけども、正直私はズボンと言われた方がしっくりくる派ではあります。
ズボンのことを「パンツ」とも言いますけど、しかしさすがに「パンツハンガー」とは言わないですね。

パンツ・・・発音がポイントだな。

って、あ、「スラックスハンガー」とか「ボトムハンガー」と同類ですね。つまりは。

そんな名称はともかく、スラックスハンガーが数着分ズボンをかけておくことができるのは普通なんですけどね。
ダイソーのものは引っ掛けるバーの部分が動かせます。


こんな感じでバーを起こして使うと、タオルをちょっと干す時に便利なんですよね。お互いが重ならずに干せるじゃないですか。

そりゃさすがにタオルがたくさんある時はズボンハンガーに干すのは面倒ですよ。そんなちまちま干してる場合じゃないです。

でも、顔を洗ってちょっと拭いただけのタオルを洗濯するまでの間とかね、乾かしておきたいじゃないですか。濡れてるものをそのまま洗濯かごに入れるのは臭うもとになりますし。

そういう時にハンガーを1つ引っ掛けられる場所があれば3枚は干しておけるっていう感じがちょっと便利なんですよね。

クローズハンガー8ピンチ(ダイソー)

3つ目。これが一番感動的でした。


8個の洗濯バサミがついている「クローズハンガー」です。

ハンガーにそのまま洗濯バサミがついているって便利ですよ。


角型ピンチだけではちょっと足りない時に追加で使えたりします。
もちろん、ハンガーの形をしているので洗濯ばさみを使わなくても、普通にハンガーとしてシャツをかけて使うことができます。

更に便利なのは、


こうしてハンガーを広げることができる機能です。広げた状態で細かいものを挟んで乾かしてもいいですし、


ズボンを広げて干せるのが有り難いじゃないですか。スカートやバスタオルでもいいですよ。こうやって広げると早く乾くのでかなり重宝してます。

使わない時にしまっておくにしても、角型ピンチみたいに嵩張らないですし、ハンガーと兼用で使えるあたりが素晴らしいです。
クローズハンガーを数個置いておけば干し方にいろんな工夫ができますよ。

もうちょっと色味が渋い洗濯バサミがついててくれると嬉しいんですけど、まあ嫌なら付け替えればいいか。

一人暮らしにもファミリーにも。

いくら便利って言っても買いすぎると邪魔になってしまうんですけども、状況に応じて使い分けて補足として置いておくには悪くないなと思いました。

室内干しって大変ですからね。あらゆる方法を駆使してなるべく早く乾かすように頑張ってます。

結構前から売ってるものみたいなので知ってる方は知ってる道具かもしれないですけど、いいなって思ったら100均で探してみてください。

スポンサーリンク

↓なんとなくフォローしてみる。

関連コンテンツユニット
トップへ戻る