サイトをリニューアルしました。
SPONSORED LINK

山の上から見下ろす爽快な景色、青森県八甲田山の紅葉を見てきました(2012年10月14日時点)


今年は例年に比べて遅めの紅葉っぷりですが、10月中旬にさしかかってようやく標高の高い山のから順番に紅葉が始まってきました。
先日の日曜日(14日)は天気もよかったので親を連れて青森県八甲田山へ行ってきましたよ。

 

せっかく八甲田まで行くということで、ついでに他の場所もドライブがてら立ち寄ってきたので、その辺も順次書いていこうと思います。
まずは、メインの八甲田山の様子から。

 


大きな地図で見る

 

青森県の八甲田山といえば、日露戦争へ向かう兵士の映画にもなった場所で有名ですね。

ロープウェーに乗ると、若いおねーちゃんが八甲田のことをきれいな声でアナウンスしてくれました。八甲田山という山は実際無くて、もともと火山が連なってる山々なんだとか。北部八甲田山系南部八甲田山系に分かれていて、通常私たちが呼んでいる八甲田山というのは北部八甲田山系の方らしいですよ。
詳しい内容は八甲田山 – Wikipediaにも書いてますのでそちらをどぞ。

 


そんな説明を聞きながら乗るロープウェーですが、往復料金で、大人(中学生以上)は1800円、子供は850円、小学校入学前は無料で乗ることができます。100名は乗れるという大きめのロープウェーは約15分間隔で動いていましたが、シーズン中でしかも日曜日ということもあり、チケットを購入してから乗車するまで行列が出来ていました。

ちょうどお昼頃でしたが、ロープウェーに乗るまでは行列が出来ていて30分以上は待ったかも。

ロープウェーの中がすごい人なんですけど、窓際にうまく立てないと景色が見えないのが残念でして。写真撮りたかったけど、思いっきり内側に追い込まれてしまったので、カメラどころでなかったであります。うぅ。


10分ほどロープウェーに乗って、山頂までやってきました。
この日は天気もよくて下界の気温は20度くらいあったんですが、山頂の気温は9度。日差しはあったかいけど風は冷たかったー。

 


一歩外へ出ると、冷たいけど清々しい空気が気持ちいいです。

 


ちょっとモヤがかかってスッキリと下の景色が見えませんでしたが、こんな風景はめったに見られませんね。

 


頂上付近を30分コースと60分コースで山の上を散策ができます。
せっかくなので、30分コースでちょっと歩いてみました。

 


みなさんも散策路に向かって歩いて行きます。
前日に雨が降ったのもあって水たまりがあるなど足場が少々悪かったですけど、ゆっくり歩けばなんとか大丈夫。

 


散策の途中、所々下まで見渡せるポイントが見え隠れしてました。

 


標高が高くて寒い場所なので、生えている木は限られていますね。そうとう厳しい冬がここにはあるんだと思います。ところどころ紅葉した部分が見えていました。

まだ色づいたばかりなので緑色と赤と黄色のコントラストがきれい。

 


湿原展望台付近。

 


金色に囲まれた幻想的な場所ですよ。ここが火山だったなんて不思議ですね。

 


歩いている途中に鮮やかに色づいた葉っぱが目を引きます。

 


ロープウェーの山頂駅付近の景色。

 


頂上付近以外はまだ色づき初めな感じでした。山の中腹あたりは、まだ緑色でしたし。
でももう数日待つと一気にきますかね。

 


展望台からは青森市が見えました。それにしても海まで見えちゃうなんてすごい。

こうして眺めていると冷たい風が気持ちいいんですよ。
見渡す限り山々で、自分たちが普段歩いている場所は小さな所なんだと思い知らされます。

さて肝心の紅葉ですが、10月14日の時点では全体的にまだ緑色が強い状態でした。
ちょっと早かったかな。でもここのところ冷え込みが進んできたので数日でかなり紅葉が進むと思われます。

紅葉はやや早い状態でしたが、この景色を見て自分の悩みはなんて小さいんだろうと開き直ることができました。自然てほんとすばらしい。とっても爽やかな気持ちになって下山してこれたので、やっぱり行ってよかったです。

こちらはもう1週早く、もっと上の山の大岳まで登山された方のブログです。青森のことがよくわかるので、参考にさせていただいてます♪
秋紅葉の八甲田山 : まるごと青森

いいな~、いつか装備を整えてちゃんと鍛えて、登山にもチャレンジしてみたいですよ。

 

 

次回は、八甲田山へ向かう途中にある小さなお店、山のおでん屋さんと足がすくむような高さの大きな橋、城ヶ倉大橋についてのレポに続きますよ。

 

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました