サイトをリニューアルしました。
SPONSORED LINK

iPadのテキストエディター1Writerの使い方あれこれ。

iPadで使っているテキストエディターアプリ1Writerの個人的な使い方と機能の話。
最近ずっと使ってる、結構おすすめなアプリです。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

iPadのアプリ1Writerとは。

「1Writer」マークダウンが使えるメモ帳(テキストエディター)です。

※マークダウンについては、別途のリンクでご確認ください。

参考
Markdown記法 サンプル集 – Qiita
参考
Markdown – Wikipedia

実は私はつい最近までマークダウンをまともに使ったことがありませんでした。使わなくても事足りてたんですよね。たまたま、こうしたいあーしたいと模索しているうちにマークダウンが使えるアプリをいくつか知ったんですよ。それをきっかけに使うようになりました。そしてハマりました。

マークダウンは慣れないうちは戸惑いますけど、これに慣れると単なるメモ帳では物足りなくなってしまいます。見出しや区切り線、太字など「#」や「*」などを使って決まった書き方はあるんですけど、無理に覚えなくてもマークダウン対応のアプリを使えば別に難しいことはありません。

しかし何度も使っているうちに意外とすんなり覚えてしまったりします。

1Writerの使い道

テキストエディタやメモ帳っていっても使い方は多種多様あるわけですが、私の1Writerの使い道は以下のように大変無難です。

  • 手書きで書いておいたメモを整理しながら入力
  • ブログの下書き
  • 資料作り

手書きメモは大好きなんですが、どうも検索性イマイチなんですよね。本当に必要な部分はある程度まとめておかないと、いざ必要な時に書いたはいいけど探すのが面倒っていうのがね、ちょっと困るんですよね。

とりあえず書きなぐって満足な場合はテキストおこしなんてしませんが、なんか使いそうだなっていうのはデータにしてメモっておくとそのままコピペで活かせたりするので、面倒でも後がラクなことを選んでます。

資料作りっていうと堅いですが、人にプレゼンするようなイラストや図が付いているようなガチな資料作りをしているわけじゃありません。なにかしら画像が必要なこともありますけど、そういう加工が面倒な画像作成はPCでと割り切っています。

1Writerは人に見せるものを作るっていうより、そのための下地作り。自分が理解できればいい、自分用のノートというか。そんな具合にすごく力を抜いた形で使っています。

1Writerの機能とできること。

1Writerを使っていて、これはいいなって思える機能は以下のこと。

  • Dropboxにファイル保存できる
  • HTMLで書き出しできます
  • チェックマーク管理できます
  • 内臓ブラウザあり
  • ファイル内のテキストを検索できます
  • タグ付けできる
  • フォルダが管理しやすい

クラウド保存

Dropboxにファイル保存できますし、iCloudにも保存OK。PCに持ってきて作業するなら、まずはファイル共有できる環境がないと始まらないですからね。

HTMLで書き出し

ブログなどでHTMLのタグをそのまま活かした形で書き出しは「アクション」の「コピー」から選択できます。コピーしたら新規でファイルを作ってもいいし、元あるファイルにペーストしてもいいですし。別名で勝手にファイルが作られるわけではないです。あくまでもHTMLでコピー。

作ったHTMLファイルの保存先は Dropboxにしておけば、PCにそのファイルもってきて使えます。やろうと思えば部分的にコピペしてWordPressでUPも可能。

チェックボックスが作れる

TODOリストとか、買い物リストとか、そういう時に使いやすいチェックボックス。
チェックを入れるにはプレビュー画面で行うことになります。

何気にうれしい内臓ブラウザ

内臓ブラウザがついていて、画面右から左へスワイプさせるとブラウザが出てきます。
URLやタイトルをコピーしなくても、ブラウザに表示させたページはリンクをつけることができます。コピーの煩わしさがないのがいい。

検索機能あり

開いているファイル内のテキストを検索できるのも助かります。「検索して置き換え」ができるので、スペルとか間違っていたら手早く修正できます。

つながりのあるファイルをリンクしておける。

(もしかしてこれって1Writerに限らずできることかもしれませんが・・)

テキストファイルにurlのリンクをつけるように、ファイルそのもののリンクをつけておけます。

たとえばブログの下書きで、ひとつのネタで何個か派生していくような時とか・・?
そういうときは双方でファイルにリンクしておけば、繋がりを確認しながら作っていくことができます。

こういう感じでリンクをいれておくと、わざわざフォルダ内を探さなくても、ファイルそのものに飛ぶことができるんですね。いいよこれ。

タグの作成機能が本当に助かる

そしてなんといってもファイル管理に「ハッシュタグ」が使えるところが最高。

タグはフォルダとは違った管理ができます。タグを使う場所は、フォルダの内外は関係なくファイルそのものにつけることができます。とりあえず関連するファイルには同じタグを入れておけば、そのタグからファイルを割り出してくれます。

「#」1個でタグ作成OK 。
タグの欄から素早くアクセスできます。

タグ付けは、ファイル内に自分で自由に書き込んで登録できます。使わなくなったらそのテキストから「#」を外せばよいだけ。

タグは一度作成すると、 ショートカットボタンの「#」を押すとこれまで作ったタグが勝手に出てくるようになってます。タグを登録するための細々した登録作業とか一切いらないんですよ。テキストで書けば出てくる。消せば消える。それだけ。なんてシンプル!なんてすばらしい!

画面左側のファイルが並ぶ部分で切り替え。

作ったタグは「タグ」の欄に並びます。

任意のタグを選択すると、タグの入ったファイルのみ表示させることができます。あとは、使いたいファイルをタップして編集画面を表示させてテキスト入力をすればいいです。

ファイルの場所を把握しやすい仕組み

それと、使ってみて感心してるのがファイル管理のしやすさ。 とにかく見やすいんですよ。

1Writerは表示させておくフォルダを先に選ぶことが出来ます。Windowsのエクスプローラーのようにフォルダがズラーッと並ぶようなことにはならないんですね。今必要なものだけおいておける。

いくつかフォルダを出しておくにしても、「Dropbox」(色は青)と「Documents」(デバイスのローカルフォルダ、色は赤)と「iCloud」(色はグレー)とフォルダの種類ごとに色が違うから、どこにあるファイルなのかわかりやすくなってます。

ローカル保存

PCや他のデバイスと共有してファイルを使いたいときはDropboxなどのクラウドにファイルを保存して使いますが、iPad内に保存するローカル保存の仕組みもちゃんとあります。
ネットが繋がっていないオフラインで作業している時 はローカルを使うことになりますね。(ただし、使用容量はiPadのモデルや他のアプリのファイルでどれだけ使っているかにもよります・・)

とりあえずローカルで作成しておいて、まとまったらコピーをDropboxやiCloudへ保存しておく・・といった使い方もできます。なんでもかんでもクラウドに突っ込むのは心配であればそういう方法もありかと。


「その他を開く…」から選択すると表示できます

余談ですが、ローカルで作ったファイルは各フォルダに好きなようにアプリから色をつけてタグわけを設定できます。たぶんiPadに備え付けられている「ファイル」の機能が連携されてるのかな・・?

文字入力画面について

文字入力の画面は至ってシンプルです。

画面下にマークダウンのショートカットが用意されていますが、設定で非表示にもできます。
自分で好きなように並び替えもできます。

その他、テーマの色も設定から選べるけど細かいことはできません。もっと自由に設定できると嬉しいんですけど、そこはこだわらないようにしておきます。謙虚にいきます。

ショートカットキーが使える

Blutoothキーボードを使うと一般的なショートカットキーも扱えます。cmdキー長押しで使えるショートカットが出てきます。迷ったらcmd押せばいいんです。すぐわかります。

プレビュー画面の出し方

入力画面とプレビュー画面を並べて表示はできませんが、右上のプレビューを押すとすぐにブラウザ表示できます。もしくはキーボードでショートカット使うなら「cmd」+「option」+「p」で表示切り替えできます。

アクションを自分で設定

拡張キーボードが出ていない状態だと「画面左下」、もしくは拡張キーボード内にある「アイコン」、ショートカットなら「shift+cmd+A」で、アクションを立ち上げることができます。

アクションは最初からあるものに加えて、自分でアクションを登録して使うことができます。

例えば私はURLのアクションを追加していますが、amazonや楽天のページやよく使うツールのURLを登録してます。URLのアクションを追加すると他のブラウザが入っていてもsafariが立ち上がるようになってます。

他にもJavaScriptでアクションを登録できます。このあたりをうまく活用できるとかなり使い勝手が広がると思います。

通知センターにピン留めが何気に使える

また標準のアクションでも、「通知センターにファイルをピン留め」をやっておくと、すぐ開きたいメモを作ったときに役立ちます。やってみるとTODOリストとかおいとくと便利。やりかけの仕事にピン留めしとくっていう手もあり。

使いやすいファイル保存のコツ

これは状況にもよりますが、資料作りであれば、私はひとつのテーマで1ファイルじゃなくて、あえて小分けに分類分けしてファイルを作っておくようにしてます。

ファイル数は多くなるけど、タグ付けや双方でのファイルリンクの機能のおかげで、むしろ管理しやすくなるっていうのは1Writerだからできることかなと。他にいいアプリがあれば切り替えるかもしれないけど・・。

1つのテキストファイルであんまり文書が長くなるとスクロールも大変で、そこから書いてある場所を探すのは大変じゃないですか。あんまりスクロールしないようにしとこかなみたいな。感覚的に手書きのノートで表すとすると・・・詰めてびっしり記入するんじゃなくて見開き1ページずつ使って余白を残して作っていく・・といったイメージでしょうか。

ブログの下書きみたいな長文の執筆はまた別ですけどもね。

というわけで1Writerは、 ショートカットキーが使えるのはもちろんですけど、ファイルの行き来がストレスなく行えるっていうところにとにかく惚れました。

シンプルな見た目だけど、とてもよく考えられているアプリだなあと思います。スマートにメモ帳管理するならほんとにオススメなアプリです。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました