手帳

文房具ファン

2016年のEDiTで裏写りしないか試した結果。

例年どおり、いろんなボールペンを使って裏写りしないか試してみました。
文房具ファン

2016年の手帳はマークスのEDiTでソリッドにしました。

2016年版の新しいEDiT(エディット)についての購入レポ。今回はビジネス向けなデザインのソリッドです。
文房具ファン

手帳やノートのしおり代わりにも。ロフト限定発売中のバンド付きの下敷きがしっくりきた話。

正式名称は下敷きバインダーっていうものなんですけど、用途は下敷きだけじゃないんです。
スポンサーリンク
文房具ファン

2015年の始まりは書きやすくて見やすいマンスリー手帳、高橋書店のラフィーネも用意してみました。

EDiTの他にもう一個、高橋書店のマンスリー手帳「ラフィーネ」を購入しました。
文房具ファン

嬉しい話。2015年のマークスのEDiTはペンを選ばず裏写りを気にせず使えるかも。

2015年の手帳はマークスのEDiT、storage.it(ストレージドットイット)の気になる紙の裏写りチェックもしてみました。結果はなんと・・・!?
文房具ファン

2015年の手帳はマークスのEDiT、storage.it(ストレージドットイット)を使うことにしました。

2015年版、新しいストレージ.it for EDiTについての購入レポです。新しい手帳をご検討の方の参考になればと思いまして。
文房具ファン

マークスの手帳EDITってこんなに種類があったのか。2015年のB6サイズ(1月はじまり)手帳デザインまとめ。

2014年はマークスのEDIT(スープル)を使ってみて、1日1ページタイプの手帳っていいもんだなあと感じました。 なので来年もEDITにしようと思ってまして、どれにしようかと迷ってます。
文房具ファン

マンスリーページに月間ブロック付せんが重宝してます。

2014年の手帳を使い始めてそろそろ半年。今更ながらこの月間ブロック付せんが役に立ってます。
文房具ファン

ページを入れ替えできるメモ帳のツイストリングノートがちょい持ちに便利なのです。

リヒトラブのツイストリングノートのメモ帳版です。パッと見はカバンの隅っこにでも潜ませておけるリングタイプのメモ帳なんですけども、これ、ちょっといい使い方ができます。
文房具ファン

携帯性バッチリなA6サイズ。薄手のノートカバー、マークスのストレージ・ドット・イット。

サブ手帳として私の中で絶賛活躍中のマークスのストレージドットイットというA6サイズのスライドジッパー付きノートの話です。
文房具ファン

薄い紙でも裏写りしにくい蛍光ペン「フリクションライト」のソフトカラー。

紙が薄いEDITの手帳でも安心して使える蛍光ペンはフリクションライトのソフトカラーがいいなーと近頃愛用してます。
文房具ファン

ファスナー付ポケットがついてるセリアのA6ノートは、サブ手帳として使えるのか模索中。

収まりの悪い付箋やカードなどの小物類をまとめて持ち歩けるいい方法がないものかと悩んでおりまして、100円ショップのセリアでこんなのを見つけました。
スポンサーリンク
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました