文房具ファン

ダイソーに売っているチェック柄のブックカバーが意外といい。

100円ショップのダイソーで秋冬仕様の文庫本ブックカバーをたまたま見つけました。
自作してみた。

縫わずに簡単。布のブックカバー(しおり付き)の作り方。

100均のてぬぐいで、たくさん作れるブックカバーです。ちょっとだけ気分を変えたい時に、作ってみるのも楽しいですよ。
自作してみた。

ワンバイ材と100均の板材で卓上本棚を作りました。

ちょっとしたファイルやノートを立てておくために、卓上で使える小さめな本棚をDIYしてみました。使った材料や作り方を解説します。
読書感想文

文章を書くことに困ったらコレを試してみるのも悪くないよ、という話。

「誰も教えてくれない人を動かす文章術」という本の感想です。長文の書き方がかなり勉強になりました。ブログの文章を書くときの参考にどうぞ。
文房具ファン

2分で作るブックカバーの作り方。

なんと、どんなサイズの本でも対応できます。のりもハサミも使わないので、慣れれば制作時間は2分どころか1分で作れてしまうという難易度の低いブックカバーの作り方であります。
文房具ファン

100円ショップの半透明なブックカバーもそんなに悪くない。

100円ショップのダイソーにブックカバーがあったので思わず購入してしまいました。
読書感想文

その日常にはいつもドラマがある。有川浩さんの阪急電車を読みました。

有川浩(ありかわひろ)さんの阪急電車、いい話ですね。とっても爽やかな気分になりました。(ちなみに写真はイメージですよ。)
読書感想文

「ネットで成功しているのはやめない人たちである」を読んでよかったです。

2010年の12月に出版された本ですけど、要所要所で染みる部分がありました。 読み終えた後は、よしブログでも書くか!という気持ちになったので、ブログ書いてます。
読書感想文

春には映画公開予定らしい。東野圭吾の「プラチナデータ」読みました。

東野圭吾さんの本は比較的読みやすいですね。映画見る前に読んでみました。
文房具ファン

315円で買える無印良品のブックカバーがステキ。

最近本を読むようになってきたので、文庫本にかけるブックカバーをつけてみたくなりました。だんだん本に愛着がわいてきたので、大事に読みたいなという気持ちもこめて。
読書感想文

東野圭吾の「どちらかが彼女を殺した」を読んで頭つかった。

書籍自体はあまり新しくはないですが、こりゃ本格的な推理小説だーと思いました。 読んだ人にはあれですけど、面白い推理小説探してる方へオススメです。
読書感想文

湊かなえの往復書簡を読んでちょっとだけ懐かしい気分になった。

たまに読書もするので、感想を少々。 んでも本の感想て、人それぞれとらえかたが違ったりするので、文章にしてしまうとなんかこう世界観が崩れる気もしますが、崩れたらごめんなさい。
スポンサーリンク
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました