カラーボックスでお手軽収納。BOX内の空間を無駄なく使うこんなアイデア。

colorbox_00
時としてヒントがあるとお悩み解決に繋がることもあるかなと思いまして、収納方法の参考にどぞ。

スポンサーリンク

カラーボックスについて。

カラーボックスは安く手に入れられる手っ取り早い収納棚ですけど、シンプルすぎる形が収納を難しくさせる面もあります。しかしそのまま使うと中に入れられるものが限られてしまいますけど、部品を付け足して加工すると収納の幅がグッと広がるメリットもあるわけで、とりあえず買ってしまうのがカラーボックスなのであります。

colorbox_01
さて、ウチにあるカラーボックスのひとつが2×3段タイプのものです。ちょっとした工具やお掃除関連グッズをこのカラーボックス内に集約させてるんですが、奥行があるので使いやすい形にするのに難儀しました。いろいろ試しては悩んだんですけど、結局100円ショップのものでアレンジすることになったわ、という話でありますよ。

アイデアとしてはどの形のカラーボックスでも応用できることなので、よかったらプチ不満の解決につなげてください。

つっぱり棒を使う。

多分、最も安上がり&てっとり早いアレンジ。カラーボックスに何か入れていて、高さが無駄に余っているってことないですか。
この空いてる部分になんか置きたいわー、という時に使えるのが、つっぱり棒です。

colorbox_02
カラーボックスの幅に合わせたサイズのものを2本用意して平行に突っ張らせると、1段分の棚ができあがります。

colorbox_03
軽めなものなら乗せることができるので、掃除機の紙パックやウェットティッシュの買い置き分など載せてみたり、誰でもすぐに目にとまるように配置させてます。

重なっていると下の物が取りにくいですが、仕切りをつけて収納するだけで出し入れのストレスが軽減されますのでオススメ。粘着コロコロの詰め替えを並べたり、スプレー缶を並べるなど、細長いものを収納するのにも便利ですよ。

穴を開ける必要もないので工具もいりません。中で棒をつっぱらせるだけ。2本じゃ物が落ちる場合は、つっぱり棒を3本平行に並べるなり、板やワイヤーを載せるなりするとよいかと。

基本はよく使うものほど取り出しやすく、仕舞いやすい形にしておくことが重要なのであります。

すのこを使う。

colorbox_05
100円ショップに売っているスノコを裏返してカラーボックス内の内壁に設置し、下駄部分に棚板を乗っけます。棚板は幅に合わせてカットする必要がありますけど、箱の中に棚を作ると更に便利に使えるようになります。

colorbox_10
プラカゴを使って引き出しのように使うもよし。

colorbox_06
小物を整理するもよし。あ、真ん中にあるのはアイスノン入れるカバーです。

colorbox_04
板をカットするのが面倒な時は、このようにつっぱり棒を使うのも手です。

colorbox_07
下駄部分に引っかけるようにつっぱり棒を渡すのがコツ。

colorbox_08
簡易的に乗っけてるだけですけど、すのこの下駄が支えになっているので多少重さがあってもしっかり支えてくれます。

colorbox_09
ちなみに2×3段タイプのカラーボックスを縦長に設置して、2段側(高さがある方)に40×25cmのサイズのスノコがピッタリでした。
下駄は3本しか付いてないので、もし高さが合わない場合は、下駄を追加するとさらに使い勝手アップすると思われます。

colorbox_11
カラーボックスに入れるプラカゴは、セリアに売ってる「カラーBOXにFIT!!」シリーズが奥行きもサイドもイイ感じ収まって気持ちが良いです。

便利なカラーボックス用専用パーツもあるよ。

とりあえず100円ショップで揃えると安くアレンジできるわけですが、世の中には便利なものって売ってるんですね。カラーボックスにはめ込んで使えるレールボードというものがあるのを見つけて、感心してしまいましたよ。

いろいろ調べてるときにこんな便利な物があったのか!もう少しお金かけてもよければこういうのもいいですよね。

しかし今ある物を買い換えるのもアレだし、まてよ、子供部屋にいいかもしれないな・・とかあれこれ想像膨らませてます。

▼高さがある方がこっち(3段タイプをヨコおきで使う場合)

↓専用の棚板
カラーボックス[CBボックス]用棚板 CXT-27 全4色

▼高さが低い方がこっち(3段タイプをタテ置きで使う場合)

↓専用の棚板
カラーボックス[CBボックス]用棚板 CXT-38 全4色

つまりこれがあれば両サイドにレールボードをつけて、棚板を差し込めば自分好みの高さの棚を作れるわけです。
ボードについている溝の仕切りも細かいし、カラーボックスを購入するなら、あとからでも追加できるシリーズのものを買っておくと間違いないですよね。うーむ。



スポンサーリンク

↓なんとなくフォローしてみる。

関連コンテンツユニット
トップへ戻る