穴をあけずに写真や小物を壁や棚に固定できる粘着剤「ひっつき虫」はすごい。

hittsukimushi_00
これを使えば壁に跡を残さずフォトフレームを固定できます。こんな便利なものがあったなんて。もっと早くに知りたかった。

スポンサーリンク

知ってました?ひっつき虫。

hittsukimushi_01
コクヨから出ている「ひっつき虫」という練り消しみたいな粘着剤があります。たまたま見かけてちょっと調べてみたら、どうもずいぶん前から知る人ぞ知る便利な粘着剤だったようですが、しかし私は初めての出会いでありました。

ホームセンターを中心に数店舗探してみたんですけど、類似品はあるものの「ひっつき虫」はなかなか置いてくれてなくてですね。
やっとこロフトで見つけて使ってみたところです。パッケージに説明書きがあるものの、そんなに粘着力あるのか?とか、本当に剥がし跡が残らないのか?とか、どうしても疑ってかかってしまうわけです。

ところが・・・、使ってみるとなるほど納得。今は楽しく部屋のあちこちに小物をレイアウトしまくってます。

ひっつき虫の使い方。

hittsukimushi_02
1パックに約55山入りということになっていますが、長く引き伸ばした練り消しみたいなものに切れ込みが入っている状態になっています。

hittsukimushi_03
フィルムがかけられているのは多分、乾燥対策とかゴミが付着しにくいようにとの配慮かと思います。使う時は少しフィルムを剥がして、必要な分だけちぎって取り出します。

hittsukimushi_04
ひとちぎりは、指先に乗る程度ですね。ここから必要に応じて更に小さくちぎっても、足して大きくしても構いません。

hittsukimushi_05
ちぎったひっつき虫を揉んだり伸ばしたりして柔らかくします。ちょっと練るとすぐに粘りが出てくるのがわかります。

hittsukimushi_06
練ったひっつき虫を固定したい箇所にくっつけて、

hittsukimushi_07
貼り付けたい場所にグーッと押し付けます。

hittsukimushi_08
これで、固定完了。

こんなんでちょっと動かせばすぐ落ちるんじゃないの?と思いきや、力を入れてひっぱらないと外れないくらいしっかりとくっついているんですよね。思ってた以上に強力でびっくり。完全に見くびってました。

hittsukimushi_09
ちょっと力を入れて引っ張ると、もちろん外すこともできます。時々こんな風にひっつき虫の取れ残りができてしまうんですが、同じひっつき虫で残ってるとこををペタペタやるときれいに取れます。
そしてまた練り直すと再度くっつけることができます。

貼り付けている場所は賃貸住宅にありがちな凹凸のある壁紙です。まだ貼り付けてから数日しか経っていないのですが、壁に貼り付けたフレーム付きの写真は落ちずにいます。

壁だけじゃない。

壁に写真を飾りたくて買ってみたひっつき虫ですが、使ってみると結構いろんな場所に使えるんですね。

hittsukimushi_10
フィギィアなどの固定で使っている方も多いようですが、小物をディスプレイしたいときは実に便利です。

hittsukimushi_11
普通に置くのは難しい曲面にも設置できるようになります。ちなみにこの金魚は鉛筆削りです。

hittsukimushi_12
接着面に少々厚みが出てしまうのは堪忍。これは娘の修学旅行のお土産。

hittsukimushi_13
他には積み重ねているものがズレないように固定するのに使ったりと、ちょっとした耐震マット代わりに使えるんですね。

私のデスク周りは小物が多いので、はっきりいってかなり重宝してます。

ひっつき虫、便利だーっ。

気をつけたいこと数点。

hittsukimushi_14
注意書きに使用できないところとして、「ざらざらした面、湿り・汚れのある面、繊維」はダメっぽいです。
また「紙や木のような吸い込みのあるものに使用すると、シミが残る場合があります。」とも補足があります。

私も長い間使ってみないとまだわからないところもあるのですが、使っている方のレビューをみる限りでは、

・夏場、おそらく35℃を超えると溶ける(はがれてくる)
・5年くらいつっけぱなしだとシミが残る場合あり
・短い時間ならはがして繰り返し使える
・使いかけのパッケージを置いていても乾いたりしない
・重いものは厳しい
・くっつきやすさは貼り付ける場所の素材にもよる

ということでした。(Amazonのレビュー参照)

他にもポスターやポストカードを紙の状態のままで貼り付けていると、はがすのに苦労したりシミがついてしまうこともあるようです。
その辺は現物を傷つけないために透明フィルムを使うとか、フレームケースに入れるなどの対策をしておくとよさげかなと思ってます。

今貼り付けているのはポストカードサイズのフォトフレームですが、中の透明な板はガラスでないプラ板のものを使っています。温度やくっつける素材によっては全く落ちないともいいきれないので、万が一落下しても大丈夫なものばかりに使用することにします。

あとは、掲示物を長年そのままにしていると壁に日焼けあとが残ったりするので、時々レイアウトしなおして貼り直しておこうかなとは思っています。しばらくは壁紙側にも跡が残ったりしないか確認したほうがよいかな。

使い勝手はかなり気に入ったので、「ひっつき虫」はしばらく使い続けることになりそうであります。長期使用の経過はまた忘れた頃にどんな感じか報告できればと。

似たようなものでブル・タックていうのもあるらしく・・・。これも使ってみねば。

スポンサーリンク

↓なんとなくフォローしてみる。

コメント

  1. もやしマダム より:

    はじめまして。
    我が家は賃貸マンションなのですが、広い壁面がすべてコンクリートになっていて画鋲も刺さらないのです。
    子どもが描いてきた絵や家族写真など、飾りたくても無理でした。どうにか、ぺらぺらの紙を両面テープで止めてみたり・・・でも落ちてきちゃう。
    こちらで紹介されていた「ひっつき虫」すごく使い勝手が良さそうです!こういう商品を探していました!
    これからも役立つ商品の紹介などお願いします~☆DIYも参考になります!

    失礼しました~

    • ぴらめこ より:

      もやしマダムさん、こんにちは。

      ひっつき虫、今でもいたるところに使っていますが、結構しっかりくっついてくれています。
      そろそろ気温が上がってきたせいか、取り外すときに「ひっつき虫」が伸びてペタペタとたくさんやらないときれいにとれませんが・・・しかし壁紙にも飾っているものにも跡は残ってはいません。

      コンクリートの場合は今の家では試せないのでどれくらいもつのかわかりませんが、しっかり練りこんでぐーっと押し付けるのががっちり固定するコツです。

      もし壁で使えない場合は、倒したくない花瓶や位置をずらしたくない小物類の固定にも使えますので、なかなか便利ではあります。
      もしよかったら使ってみてください☆

      DIYも今後もいろいろ作っていく予定であります。ありがとうございます☆

トップへ戻る