見やすいカード収納にキングジムのカードホルダーレザフェス。

自宅でカード類の整理と保管をするために、若干高級感あるキングジムの「レザフェス」シリーズのカードケースを買いました。ポケットの大きさにゆとりがあって大抵のカードは収まってくれるし、背表紙が太すぎないところが気に入っています。

スポンサーリンク

キングジムの「レザフェス」とは

こんな特徴がある・・!
  • 太すぎないマチ
  • 表紙が合皮でレザー調
  • ポケットのページ数を変更できる。(入れ替え可)
  • ポケット自体にゆとりがある
  • 結構良いのに低価格。

レザフェスは、マチが太すぎないところがいいですね。すっきりとしてて、ぱっと見でカードケースとはわからない感じ。手帳ぽい合皮のカバーのカードケースは珍しいのではないかと。

公式 レザフェス カードホルダー1911LF|キングジム

キングジム カードホルダー レザフェス 1911LF 茶
キングジム(Kingjim)
72枚収納できるカードホルダー。ポケットの追加も可能です。
型式1列3段
穴数専用4穴
サイズ高さ195×幅112×奥行き14mm
購入時のポケット数72(台紙6枚)
最大ポケット数
(リフィルは別途購入の必要あり)
120(台紙10枚まで)
素材表紙:合成皮革

選べるカラーは、白、赤、黒、茶とあったけれど、ほとんど在庫がないみたいで残っているのは限られてます。残念だけど。

あとは、レザータイプでなければ、キングジム カードホルダー ヒクタス スティックタイプ (透明)というものがあります。こちらもほぼ生産終了しているようで、いつまで買えるのかはわからないんですけども。

公式のストアにいくと、青以外はまだ買えるぽいです。

Amazon Payで買えるよ!

公式ストア カードホルダー ヒクタス±(透明)スティックタイプ |キングジムストア

レザフェスは公式では黒しか残ってないです。

公式ストア レザフェス カードホルダー 1911LF 1列3段 黒 72枚収納 |キングジムストア

個別のポケットに少しゆとりのある大きさ

よくあるカードケースの中で何が一番いいかって、ポケットに少しゆとりあるところ。

レザフェスのポケットに入るカードのサイズ

61×98mm以内ならOK /

と、余裕のあるポケットが有り難いケースです。一般的なカードのサイズは、

一般的なカードのサイズ

通常のカードサイズ(キャッシュカードやクレジットカード)→ 54×85mm
名刺(普通サイズ)→ 55×91mm

というのが基本で、これらはなんの問題もなく収まるし、2~3枚重ねて収納することもできます。

困るのがラミネート加工された診察券サイズ。

ラミネートされたカードサイズ

ラミネートフィルム(IDカードサイズ)→55×85mm

ラミネートフィルム(診察券サイズ)→70×100mm

ラミネートなしの診察券サイズ→ 64×94mm

IDカードサイズで考えて作ってくれているサイズなら全く問題ないのですが、通常の診察券サイズはだいぶ大きいので入りません。比較的新しめの最近の病院は普通にカードサイズで作ってくれてるんですけども、稀になんか大きいところもあるのでその場合はケースに入らないと諦めてください。

スキミング防止系のカードケースに入れた状態でもポケットに入れることができています。こういうゆとりあるサイズのカードケースは意外と手に入りにくいので、それだけで良いの買えたなーと思えてます。

滑りが良く出し入れしやすい

とりあえずで安さ重視で買うとポケットのサイズが小さくて全部のカードをしまえなかったとか、フィルムにカードがへばりついてとりにくい・・なんてことがあるけれど、レザフェスはそういうの起こってないです。

フィルムにハリと厚みがあるというか。

余裕のあるポケットのお陰でカードによっては、すべりがよくてめくっている時にスルスルとズレるんですが、内側サイドから差し込む形式なので落ちるまでには至りません。

探しやすく管理できる

一枚ずつめくって探すタイプのカードケースは探すのが大変ですが、これなら一気に6枚が視界に入るので、探すのが早くなりました。中途半端に分けても場所を取るし、楽だからカード類全部これにまとめておける。

リフィルの交換OKだから、好きな量で使える

ポケットの数を増やしたくなったら、専用のリフィルで対応できます。

Amazon Payが使えるよ!

公式ストア カードホルダー ヒクタス±スティック・タイプ用台紙7041D1列3段透明 |キングジムストア

リフィルは8枚単位で売られているけれど、これに挟められるのは10枚までなので、追加できるのはあと4枚。1枚で両面にカードが12枚入るので最大48枚を増やせる。リフィルを追加してあわせると、カードの収納枚数120枚までは入れられるということになっています。

こうなるよ

ただし、72枚フルに入れてなくても表紙が浮いてくるから、目一杯いれる一層膨らむと思います。まあこれくらいはどうしても気になるならゴムでとめればいいかなー・・。

しかしこのレザフェスのいいところは、大容量を入れられることよりも、減らした状態でも使えるところ・・!

自分の持ち出したい量に合わせて適量にポケットに調整できる。こんなにポケット数いらん・・という時も対応出来るケースなのです。

これ一冊で対応するというより、いくつか用意して入れ替えながら使ったり。ポケットのフィルムが裂けてきたら替えのリフィルへ交換できる。

そう考えると長く使える、なかなかいいケースじゃないですか。

機能はすごくいいです。でももうちょっと価格が高くてもカバーの合皮の質感が上質になるともっといいかなあ。惜しい。

似ているものでコクヨのノビータシリーズ無印良品のカードホルダーはどうかなと迷いました。

結論として基本的に私用で使うケースだし、あまり事務用品感出てないほうがいいかなということで今回は合皮タイプを選んでみたけれど、思いの外いろんなパターンで使いやすいケースでした。

以上、カードケース選びの参考になれば幸いです。

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました