EDiTの週間バーチカルタイプに相性のいいペンを探してみました。

2017_edit_00
2017年のEDiT、週間バーチカルタイプの手帳で各種ボールペンの裏移りチェックをしてみました。

スポンサーリンク

毎年恒例の手帳の裏移りチェック。

いつもはEDiTの1日1ページタイプを使っていたんですけども、来年(2017年)の手帳は週間バーチカルへ変更してみました。同じEDiTだから使っている紙も同じかと思いきや、紙をめくってみると1日1ページの方よりも少しだけ厚く、色も若干オフホワイト気味なんですよね。

2016年のEDiTで裏写りしないか試した結果。
2016年のEDiTで裏写りしないか試した結果。
例年どおり、いろんなボールペンを使って裏写りしないか試してみました。

いや、紙の厚さはいいんですけども、紙が違うと今まで使えてたペンが使いにくくなったりすることがあるのです。相性が悪いペンは裏移りしちゃうとか、なんだか書きにくいとかがあるんですけども、こればっかりは実際に書いてみないとわからないのでひとまず試し書きしてみました。ちなみに下敷きは敷かずに試し書きしています。

ゲルインクボールペン。

●uniball シグノ(水性顔料ゲルインク 耐水性、耐光性)

2017_edit_19

ユニボール シグノ RT1 | ユニボール シグノ ノック式 | ゲルインクボールペン | ボールペン | 商品情報 | 三菱鉛筆株式会社

2017_edit_01
細字でも角度に気を使わずに書けてインクがかすれることがなく、書いたあとに濡れてもにじみにくいのでマルチで使いやすいペンです。
裏移りはなし。

●ZEBRA サラサ(水性顔料ジェル)

2017_edit_20

ZEBRA | ゼブラ株式会社 | サラサクリップ

2017_edit_02
細字になるほどに少しカリカリとした硬さを感じるペンです。ただし乾きが早いので、紙や手を汚しにくいです。
0.4までなら全く裏移りしていないのですが、0.5以上になるとインクがたまった部分が若干しみ込んくる感じです。字を消し込んだり2度書きするとちょっと移っちゃうかなー。

●ZEBRA サラサドライ(水性染料・超速乾ドライジェル)

2017_edit_21

ZEBRA | ゼブラ株式会社 | サラサドライ

2017_edit_03
サラサよりも乾きが早いらしいので買ってみたのですが、一番細くても0.5で、筆跡はやや太い印象。乾くのが早すぎるせいなのか、紙を選ぶのか、EDiTに使うとややかすれ気味になります。普通に書いている分にはわかりませんが、字を消すように2度書きしちゃうと完璧に裏移りします。癖のあるペンだなあという印象です。
ちなみに1日1ページタイプのEDiTでは、裏移りが激しくて使えませんでした。

●ぺんてる エナージェル(水性染料エナージェルインキ)
●ぺんてる ハイパーG(水性顔料ハイパーGインキ(ゲル)・耐水性、耐光性)

2017_edit_22

ノック式エナージェル|商品紹介|ぺんてる株式会社

ゲルインキボールペン替芯|商品紹介|ぺんてる株式会社※現在はサイトには替え芯のみ

2017_edit_04
軽いタッチでかすれることなく書けるのがエナージェルです。ただし、書いた後に水にぬれるとにじんでしまいます。0.4くらいまでの細さなら裏移りは気になりませんが、0.5以上の太さはやや裏移りが見えてきます。

ハイパーGも書き心地はエナージェル並みにすばらしいです。ただし、極細タイプがないのが残念なところ。0.5でもやや太字に感じるかも。インクの色が濃くてハッキリとかけるのと、濡れてもにじまないので手帳というより、あて名書きに向いているペンかも。
しかし、しっかりした筆跡なのに裏移りはありません。

●ぺんてる スリッチ(水性染料ゲルインキ)

2017_edit_23
スリッチ|商品紹介|ぺんてる株式会社
2017_edit_05
細字でもかすれることなくかけるいいペンです。しばらく使っていない細字のペンでも普通に書けるんですよね。
しかし、少々裏移りがおこることがあって今まであまり愛用してこなかったんですけども、週間バーチカルのEDiTなら裏移りもそれほど気にならない感じです。

●PILOT ジュース(水性顔料ゲルインキ)

2017_edit_24

ゲルインキボールペン ジュース | 筆記具 | ボールペン | ゲルインキボールペン | 製品情報 | PILOT

2017_edit_06
そんなに使うことがないペンですけども、インクだまりができると裏まで少し響いてきそうな感じです。サラサと同じくらいの感覚。

油性ボールペン。

●uni ジェットストリーム(油性ボールペン)

2017_edit_25
スタイルフィット ホルダー | STYLE-FIT | ゲルインクボールペン | ボールペン | 商品情報 | 三菱鉛筆株式会社

ジェットストリーム スタンダード | JETSTREAM 単色 | 油性ボールペン | ボールペン | 商品情報 | 三菱鉛筆株式会社

2017_edit_07
0.5の方は大丈夫なんですけども、0.38の方が裏移り気味なんですよね。0.5も0.38も筆跡はそんなに太さは変わらないけど、0.38の方がなぜか書きやすいので多用しているんですけども、週間バーチカルに使うとやや裏移りが気になる感じがします。

●BiC(油性ボールペン)

2017_edit_26

多色・多機能ペン|プロダクト|ビック – Bic Japan
2017_edit_08
昔ながらのボールペンといった書き心地だけど、書けなくなる感じがないので時々使っています。2色ボールペンて珍しいのでつい買ってしまったというか。裏移りは全く気になりません。

●ぺんてる ビクーニャ(油性染料+顔料(超低粘度インキ))

2017_edit_27
ビクーニャ 3色ボールペン|商品紹介|ぺんてる株式会社

2017_edit_09
ビクーニャはスリムな3色ボールペンがあるので、インクだまりさえできなければ一番持ち出しで愛用したいボールペンです。
濃くてしっかりしたラインなんですけども、裏移りはありません。もうちょっと細字なら手帳にも使いやすいんだけどなあ。

サインペン・筆ペン

●ZEBRA 紙用マッキー(水性顔料)

2017_edit_28
ZEBRA | ゼブラ株式会社 | 紙用マッキー / 極細
2017_edit_10
名前書き油性ペンでおなじみのマッキーで、裏抜けしない紙用マッキーがあります。サインペンみたいなのにこれは本当に裏抜けしません。水性顔料なのでにじみませんし、紙以外の布やプラスチック、ガラスでも書けるので用途は広いです。

●ぺんてる 筆ペン

2017_edit_29
ぺんてる筆|商品紹介|ぺんてる株式会社

2017_edit_11
1日1ページEDiTの方は問題なかったんですけど、週間バーチカルの方は裏移りします。筆ペンは難しいっぽい。

●uni プロッキー(水性顔料)

2017_edit_30
プロッキー | PROCKEY | 水性サインペン | サインペン | 商品情報 | 三菱鉛筆株式会社

2017_edit_12
紙用マッキー同様、裏移りしません。
細字の方がすぐにインク切れおこしちゃうんですけど、これも昔から愛されている使い勝手のいいペンですよね。

●Too コピックマルチライナー(耐水性顔料インク)

2017_edit_31
COPIC コピック 公式ブランドサイト
2017_edit_13

コピックはインクの濃さとのり具合が他とは違います。イラストで使うペンなのでちょっと特殊かもしれないですけども、1.0とサインペンなみの太字でも裏移りはしていません。

●PILOT フリクションカラーズ

2017_edit_32
フリクションカラーズ | 筆記具 | カラーペン | 製品情報 | PILOT
2017_edit_14
サインペンの太さで、まったく裏移りの心配がなく使えるのはこのペンだけです。蛍光色じゃなくてちょっと太目のペンを探しているならものすごくおすすめです。EDiTに限らず、どの手帳にもノートにも安心して使えますよ。

蛍光ペン

●STAEDLER テキストサーファーゲル

製品紹介(Products):蛍光ペン | STAEDTLER Japan website!

●PILOTフリクションライト・ソフトカラー

フリクションライト | 筆記具 | サインペン・マーカー | 蛍光ペン | 製品情報 | PILOT

2017_edit_33

2017_edit_15
テキストサーファーゲル他の手帳だと裏抜けすることがあったんですが、EDiT週間バーチカルは裏移りしていません。
フリクションシリーズは蛍光ペンでも安定の裏抜けの心配なしです。

●ZEBRA マイルドライナー

2017_edit_37
ZEBRA | ゼブラ株式会社 | マイルドライナー

2017_edit_16
色は薄いけどどうしても裏移りが起こってしまうので他の手帳では敬遠していたんですが、EDiT週間バーチカルだと気にならないですね。

結局どれを使うのがいいの?

2017_edit_17
テストしたボールペンは、EDiTのB6サイズで週間バーチカルのページの1行は3.5mmしかないので、極細じゃないと書き込みにくいので細字を中心に試した結果でした。

また、サインペンなどのやや太めのペンは、自分仕様の区切り線を引っ張るときに使用しているのでテストに加えてみました。

2017_edit_38
油性ボールペンでも水性ゲルインクでも飛びぬけて裏移りするようなペンはなかったんですけども、強いて言えば裏抜けしにくさでいえば顔料系インク使っておけば大丈夫かなといった印象です。

水性顔料インクは紙の上に乗っかるイメージで、水性染料インクは紙にしみ込む性質があるので当たり前なんですけども、実際書いてみると水性染料系のインクの方が裏移りしやすい傾向ではありました。一回軽く書いただけでは気にならないんですが、筆圧が強かったり、間違って書いてしまったときに塗りつぶすと、これはいかんという感じになってしまいます。

ただし、細字になるほどどのタイプでも裏移りの区別はつきにくくなっていくので、なるべく極細をつかえばいいのでしょうか。

油性ボールペンはどれも色が裏移りすることはないんですけども、ジェットストリーム0.38が時間がたつと油が少しだけしみ込んでいるようなところが気になりました。0.5は大丈夫なんですけどね。今まではジェットストリームの0.38を使っていたんですけども、次の手帳はゲルインクの方がメインになりそうです。

こうして手帳を比べてみると、紙の厚さは1日1ページのEDiTの方が薄いのにひととおりのボールペンはもちろん、筆ペンでも裏移りが気にならなかったのは本当にすごいなと思います。紙の裏抜けしにくさは厚さだけじゃないんですね。

2017_edit_18
私としてはエナージェルの0.3かサラサの0.4、もしくはシグノの0.38あたりをメインに使おうかなと思ってます。特にネコ柄エナージェルが気に入ってるので、中身を入れ替えて使うのもアリかなとかよくないことを考え中です。

こうなったら単色タイプでノック式のボールペンを自分仕様にしちゃう。
こうなったら単色タイプでノック式のボールペンを自分仕様にしちゃう。
低価格帯で互換性のあるノック式ボールペンから自分好みのボールペンを見つける話です。
スポンサーリンク

↓なんとなくフォローしてみる。

トップへ戻る