100円ショップの半透明なブックカバーもそんなに悪くない。

daiso_bookcover_00
100円ショップのダイソーにブックカバーがあったので思わず購入してしまいました。

ブックカバーは普段使いに無印のブックカバーが万能で気に入ってるんですけど、ダイソーのカバーは自宅で保存用によさげだなあなんて思いまして。

外に持ち出す時は表紙が見えないカバーがいいんですけど、自宅で保存しておく時は、タイトルとか見えた方が助かるんですよね。しかしそこまで神経質にするのもどうかというのもあるんですけど、そこそこ読み終わったら古本屋へ持っていくので出来るだけキレイな状態にしておきたいかなあという心理からです。

スポンサーリンク

きれいに本を残しておきたい方へ。

daiso_bookcover_01
ダイソーで買ってきたのは、こういう柄のもの。これしか見あたらなかったんですけど、なんと2枚も入ってるというお得感。

daiso_bookcover_02
ツヤ消しでマットな質感をしています。手触りも柔らかいんですよ。プールに持ってくビニールのバックのようなにおいがしますけど。

daiso_bookcover_03
中を開いてみて驚いたんですがこのカバー、下がないんですね。まあかえって本をセットしやすくていいのかなあなんて前向きに捉えておきます。

daiso_bookcover_04
そしてこのカバーのよいところは、紙を外して好きな柄に変えることができるところです。100円ショップのブックカバーは、どうも柄が好みでなくて今まで購入する気になれなかったんですが、これなら申し分なしですよ。私は、完全に取り外して使うことにしました。

daiso_bookcover_05
実際にはめ込んでみるとこんな感じ。表紙が見えるけど汚れからは守れる、みたいな。

daiso_bookcover_03
下の方はちょっとカパカパしてますけど

daiso_bookcover_07
背表紙のタイトルが見えるのは助かりますかな。

daiso_bookcover_08
ただし厚みのある本は装着出来きません。なんとか使えるのは厚さ1.5cmまで。1.8cmもの厚みがあると完全に無理です。 ここらへんは100均で2枚入りというコスパを思えばやも得ずですな。

daiso_bookcover_09
今回購入したのは、No.90の文庫本サイズのものですけど、他にもサイズが揃っている模様です。

daiso_bookcover_10
一応持ってるビジネス書とか実用書にもはまるかなあと思ってA5サイズのも試してみたんですけど、ギリギリ入りませんでした。がっくし。 なんで本のサイズってこうバラバラなんでしょうか。

欲をいえばサイズだけもうちょっと自由度高ければいいんですけども。そこは100均だから仕方ないかなー

その他のブックカバーの記事

もし、安くておしゃれなブックカバーを考えているなら、簡単に作れるので自作するのもおすすめ。他にもブックカバー関連の記事がいくつかありますので、こちらもよかったら参考にどぞ。

ダイソーに売っているチェック柄のブックカバーが意外といい。
100円ショップのダイソーで秋冬仕様の文庫本ブックカバーをたまたま見つけました。
2分で作るブックカバーの作り方。
なんと、どんなサイズの本でも対応できます。のりもハサミも使わないので、慣れれば制作時間は2分どころか1分で作れてしまうという難易度の低いブックカバーの作り方であります。
縫わずに簡単。布のブックカバー(しおり付き)の作り方。
100均のてぬぐいで、たくさん作れるブックカバーです。ちょっとだけ気分を変えたい時に、作ってみるのも楽しいですよ。
315円で買える無印良品のブックカバーがステキ。
最近本を読むようになってきたので、文庫本にかけるブックカバーをつけてみたくなりました。だんだん本に愛着がわいてきたので、大事に読みたいなと...

たくさん保管用にカバーかけるなら、こういう透明フォルムタイプのもいいですね。

スポンサーリンク

↓なんとなくフォローしてみる。

関連コンテンツユニット
トップへ戻る